稚羽矢   (早虎さん)  

2012.12.31.Mon.21:00
ちはや
関連記事
コメント
狭也がずっと夢で恐れていた場面でもありますね。
稚羽矢のどこか危うさの漂う清らかさにハッとしました。
ずっと長い年月を閉じ込められて過ごしてきた「稚羽矢という存在」が初めてその瞳に「変化」を映した時の状況をずっと妄想し続けています。
何かある、と思っています。

管理者のみに表示