花かんむりを捧げられて、稚羽矢は目をみはったが、すぐにうれしそうに受け取った。
 娘たちは笑いさざめきながら、春の野を色とりどりの衣でにぎわしている。狭也は少しはなれたところからそれを眺めて、息を吐いた。
 稚羽矢は人々になじむようになってきた。
 うれしい、よかったとは、思う。 
 でも、気が気でない。誰にも明かせないことだが、少し見回しただけでもきれいな花はいくらでもあるし、稚羽矢がひとたび望めば、つむのは思いのままなのだ。
 そんな気持ちにならないほうがおかしいと、狭也は少々くさくさした気分で考えた。
「割り込んでいけば?」
 ひざに名も知らぬ花を落とした鳥彦は、そのまま近くの木にとまった。若芽ふく枝がしなる。
 首を横に振ると、狭也は苦笑した。
「いいのよ」
「そうして座っていて、楽しいの。ひとりでさ」
 鳥彦は羽をめいっぱいひろげてみせた。青空に闇がさす。
 烏の羽は、どうして夜の色をしているのだろう。
 いつか、稚羽矢は狭也に手枕をしながらそうつぶやいたことがあった。
 狭也の髪も、夜の色だねと。
 変わらないわ、おんなじよ。そう言ったら、稚羽矢はしばらく考えたあと、まじめな顔つきをした。
 ちがう。あなたのは特別だ。黒より濃い、闇の色だ。こうしてふれていると、安らぐ色だ。
「狭也、ごらんよ」
 遠くで稚羽矢が手を振っている。
 狭也は、ほほえんで、袖を大きくふりかえした。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (10)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR