おれは、あの子が好きだ。
 橘遠子をみているだけで元気が出る。ポニーテールをゆらして走っている姿を見たときに、好きになった。一目惚れだった。
 二年になって同じクラスだとわかったとき、チャンスだと思った。何度もちょくちょく話しかけているうち、あの子は笑顔をみせてくれるようになった。
 橘の表札を確かめて、真太智はインターホンをおした。
 彼女が忘れた課題のノートを届けにきた。隣の席のよしみ。家もそれほど遠くない。訪ねる理由は十分にあるはずだ。
 電子音が、ドアの向こうで響いた。なのに、誰もでない。
 留守だろうか。思わずがっかりする。一目でも顔が見たい。そう思い詰めてしまう。こんな気持ちは初めてだった。
 きびすを返しかけたとき、ドアがかすかにあいた。顔をのぞかせたのは、男だ。
「どちらさま、ですか」
 同い年くらいだ。強く押したら倒れそうな優等生が、怪訝そうにこちらをみつめている。彼女にきょうだいはいないはずなのに。
「遠子さんは?」
「なにかご用ですか」
「忘れ物を届けに」
 いくらかつっけんどんな言い方になったのは、明らかに迷惑そうに顔をしかめられたからだ。
「ぼくが預かります。遠子は、いまでられないので」
 呼び捨て。かっと頭に血が上った。手にしたノートを渡せば、ここにいる理由はなくなる。でも、渡したくない。このまま引き下がったら、負けだ。
 にらみ合いは、ほんの数秒だった。やつは、笑ってみせた。
「遠子は風呂にはいると長いから。中で待ちますか?」
 そのときかすかに、声が聞こえた。
「小倶那、シャンプー! 棚からとってってば」
 招き入れるように開かれたドアとは反対に、がっちり閉め出されたような気がした。入れるはずがない。
 ノートを手渡すと、真太智は会釈もそこそこに、立ち去った。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR