長櫃をあけ、ごそごそさがしものをしている鈴を見かけて阿高は声をかけた。
「どうした?」
 手を止めて顔を上げた鈴は、頬を染めていた。
「なんでもありません」
 視線をうろうろさせるのが、あやしい。
「おまえがなんでもないというときには、たいてい何かあるんだ」
「わたくしを信じないの?」
 阿高は鼻を鳴らした。びくっとするところが、なおあやしい。
 桐の長櫃には着物がしまってある。半分は阿高の冬着で、もう半分は鈴のものだった。竹芝にかえってしばらくは、着古しをわけてもらい、過ごしていたのだった。
「お下がりじゃないものも、欲しいだろう」
 着物の一枚くらい、なんとでもしてやれる。
 鈴は首を横に振った。
「これをね、解こうかと思っていたの」
 それは薄い紅色をした冬の衣だった。気に入って、ずいぶん大切にしていたのを知っているだけに、阿高は首を傾げた。
「解いて、どうする?」
 うつむいた鈴は口も聞かない。しばらく見下ろしていた阿高は、思い当たることがあって、急いでしゃがみ込んだ。
 手を取られた鈴はびっくりしたように目をみはった。
「もしかして、あれか。あの・・・・・・例のあれ、なのか?」
 見つめ合うと、鈴はとうとつに吹き出した。阿高の手を、鈴は自らのはらにあてた。ふくらんでもいない。ぺったりしている。信じられない。
「ほんとうか?」
 阿高は、祈るような気持ちで念をおした。
「・・・・・・はい」
 鈴はやさしく、けれどじつに頼もしく笑んで見せたのだった。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR