彼が現れると、ざわめきはやみ、ただ静けさが訪れる。
 きざはしをふみしめる足音だけが、あたりに響く。
 御座に腰を下ろし、彼は人々をみつめる。
「春が来たな」
 どうということのない一言も、彼が口にすれば何よりの喜ばしい知らせとなる。
 開都王の最近の楽しみは、稚羽矢が御座にいるときの、威厳のある態度をみることだ。
「まだ夜は冷える。そなたらも」
 稚羽矢は、くしゃみをした。
「気をつけるといい」
 案ずる声とともに、ささやかな笑いがおこった。
 はじめのころ、稚羽矢は御座にいてもどうしたらよいのかわからないようだった。まなざしはどこかをさまよい、うつろだった。
 しかし、いつしかそれは変わったのだ。おそれひれ伏され、ときには親しみを惜しみなくうけるようにもなった。
 輝の御子とはいえ、稚羽矢はちがう。
 神の子でありながら、人に親しむこともできる。
 それは、なんと尊い美点なのか。



「狭也!」
 花が咲く。色とりどりの、何百、何千という花が。
 風が吹き、花びらを散らす。振り返った狭也は、うれしそうに笑みをこぼした。髪についたちいさなひとひらを、稚羽矢はつまみ取った。
 やがて、二つの影が、一つになる。
 かける想いの深さがすぐに見て取れるような包容だと、開都王はひとり笑いをこぼした。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (10)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR