今まで這ったり、ころころころがったりしていたのに、人と同じく歩き出した。すくなくとも、稚羽矢にはたいへん急なことに思えた。
 ぺたぺた、よちよちと歩く幼い子は、見るからにあやうい。
「稚羽矢、手を出してはだめよ」
 両手をもみしぼりながら、狭也がささやいた。まるで自分に言い聞かせているかのようだ。
「じきに、空も飛ぶかもしれないね」
 自分では寝返りもうてなかったのに、いつのまにか這って足下にいたときは本当に驚いた。今はもう助けもなしに歩いている。じきに自由に駆け出すだろう。
 そうしているうちに、地をけって飛び上がるかもしれない。
「飛びはしないでしょうけれど・・・・・・すこやかに大きくなってほしいわね」
 狭也は声を上げて笑ったが、とうとう転んだ子にあわてた様子でかけよった。
 どこかぶつけたのか、幼子はあやされてもなかなか泣きやまない。
「よし、よし」
 狭也の腕から子を抱き取ると、稚羽矢は汗ばんだちいさな体を高くかかげた。
「どこからそんな大きな声がでる?」
 体を揺らしてやると、じきに甲高い声をあげて笑い出した。稚羽矢もつられて笑った。
「大きくおなり」
 稚羽矢はつぶやいた。
 幼子もこの国も、歩き出したばかりだ。もろく、かよわい。
(だからこそ)
 おおきく、つよく育てと願いたくなるのだ。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR