その日はもてなしの準備で朝から忙しかった。
 忙しいというのはいいことだ。
 変わっていくものを惜しむさびしさを、まっこうから見ずにすむ。
「はやいものね。あの子がお嫁にいくなんて」
 千種のしんみりした声音に、鈴はただうなずいた。
 息子と娘に恵まれて、それから何年たったことだろう。
 竹芝の土地への親しみは年をおうごとに深まっていく。ともに暮らす人たちと泣き笑いをするたび、鈴も竹芝の景色になじめるような、そんな安堵と心地よさがあった。

 ひるまえに、鈴は阿高をようやくみつけた。
 少し離れたところからみてみると、ひょろりとした阿高はあのころと変わらぬように見える。
「阿高」
 名で呼びかけると、はっとしたように阿高は振り返った。目の下にくまができている。
 ゆうべは何度も寝返りを打っていた。眠れなかったのかもしれない。
「さびしいの」
「うれしくはない」
 嫁にやるのが悲しいと、正直に言わないところが阿高らしかった。
「・・・・・・でも、さらわれるよりはましかな」
 顔を見合わせると、阿高はひきつった顔でほほえんだ。
「わかってるよ。情けないだろう。あいつが行くのは、となりの郡だ。一生顔を見られないわけじゃない」
 しょげた阿高を、鈴はなにも言わずにそっと抱きしめた。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR