赤い花びらを、しなやかな白い指でつまんで。
 娘たちは、やわらかな唇にべにをさす。


(なんだろう)
 ちがう、ということは、小倶那を不安な気持ちにさせた。
 遠子の笑顔がいつもとすこし変わっているような気がしたのだ。
「なに?」
 遠子は娘の頃のままの、高く結った髪を揺らしながら振り返って、ふしぎそうに首をかしげた。
「どうしたの、小倶那。こわい顔」
「今日、ぼくのいない間に何かあった?」
 返事が返ってくるまでの、すこしの沈黙ももどかしい。
「なにも、ないわ」
「本当に?」
 手を引いて間近で目を合わせると、遠子はすっと顔を背けた。
 おかしい。遠子はいつでもまっすぐに、こちらをみつめてくれるのだから。雪深いこの土地での暮らし方も、ようやくわかってきた。遠子と夫婦になってから、もう二年はたとうとしていた。
「やっぱり、へんかしら」
 伏せていた目を上げて、遠子はおそるおそるといった風に小倶那をみあげた。
 べに、だ。
 軽くひらいた唇が、色づいている。やわらかなくちびるのしわに、草花の赤い汁がしみこんでいる。頬にもうっすらとついているのがおかしくて、小倶那は笑った。
「ほうせんか、だね」
 言うなり小倶那は口づけをした。息を乱した人を見下ろしながら、小倶那はほほえんだ。
「べになど・・・・・・しないほうがよかったよ」
 こんなきれいな花を、つみとらずに見過ごせるわけがない。
「これだけではすまないよ、遠子」
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR