水音が聞こえて、阿高は足を止めた。
 蝉が鳴く音が、わんわんと耳の奥でこだまして、いっそう暑さと気だるさを煽るようだ。
 川ぞいの道を通っていこうと思ったのは、すこし遠回りだがそのほうが涼しそうだと思ったからだ。
 だれかいる。
 阿高は木のかげに身をひそめ、目をこらした。
 ぱしゃぱしゃと水をはね散らす音とともに、白いからだが丈高い草のすきまからのぞいた。
 髪をとき、着物をほっぽってこんなところで水浴びなど、無防備すぎる。
(あいつ)
 髪はあんなに長かっただろうか。日をためた黒髪が、重たげに肩にかかっている。むき出しになった背中のしろさが、まぶしいほどだ。かすかに横顔が見えて、目を伏せたそのもの思わしげな様子に、胸がひとつ大きく鳴った。草いきれに酔いそうだ。
 阿高はため息を吐いた。
 誰が通るかもわからないのに。
 しかりつけようとして、阿高はやめた。

 きびすをかえし、阿高は道に立った。ほんのわずかな憩いのときだ。とがめるのは、あとでいい。
(番でもしてやるか)
 蝉の声が響き、木漏れ日がゆれる。楽しげにはねる水音。
 阿高は苦笑しながら、木のみきに背をあずけた。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR