照日王は舌打ちをした。
 しょうこりもなく、末の弟は夢の中に遊んでいる。

 目の前にいるのは、弟であって、弟ではない。
 衣手を我が身に巻き付けるようにして、おびえた目でこちらをみている。瞳はうつろだ。ただ我が身に起こったことに動転し、惑乱し、息を浅くして縮こまっている。
(おぞましい)
 稚羽矢が夢見ることを禁じることはできない。
 腕を戒めても、足をつないでも、あこがれでる魂を止めることはできないのだ。
 そこしれぬものを弟に感じる。はっきり言えば、理解できない。
 なぜ、我が身を捨てて小さな虫けらなどになれるのだ。
 なぜ、輝の御子である我が身をかえりみず、夢などみてばかりなのだ?

 稚羽矢が目覚めるまで、照日王はじっと弟をみつめていた。
 髪をふりみだし、ふいに横たわった稚羽矢は、やがてむっくりと身を起こした。ぼんやりと室を見回し、やがて目が合うとそっと口を開いた。
「おいででしたか」
 間の抜けた声を聞くと、叱ってやろうという気も失せる。
「何の夢を見ていた。飛ぶ鳥にでもなったか」
「いいえ・・・・・・大きな魚になりました」
 夢を語るとき、稚羽矢の声には生気がやどる。
「海の底をみたいと願ったのです」
「海か。はろばろとしていたか」
 稚羽矢は首を傾げた。
「どこまでも行けそうでした。どこまでも」 
 うっとりした声音に、ふいに激しいいらだちがかき立てられる。
 どこに行くというのだ。父の命令にそむき、取るに足らぬ夢など見続けて。
「よいか。二度と夢などみてはならん。二度とだ」
 照日王は厳しい声で言いつけると、うろのようにすんだ弟の瞳から目をそらした。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR