どん、どん。
 どん、どん、どん。

 腹に響くような太鼓の音に、稚羽矢は顔を上げた。
「なんだろう」
 鳥彦が飛んできて、欄干にとまった。
「まつりの太鼓だよ。今年は盛り上がるだろうな」
「まつり・・・・・・それでか」
 なぜか身の回りがあわただしくなったと思っていた。狭也も準備でいそがしくなり、顔を合わせることもなかった。仕方ないことと思いながらも何となくおもしろくなく、稚羽矢は唇をまげた。
「迷子みたいな顔だ」
 鳥彦がおかしそうに笑った。



 まつりの夜、そこかしこで燃えさかる篝火に照らされて、人々の顔はまぼろしのように華やいでみえた。太鼓の音にせき立てられるように、稚羽矢は青草を踏みしめてあちこちを探した。
 人々にたずねても、誰もしらないのだった。おのが求める人のまなざしを追うのに夢中で、酒の酔いに身をまかせるのに熱心で、稚羽矢の問いかけなどだれも聞いていないのだ。
 稚羽矢は杉の木に背をあずけ、うなだれた。みずらに挿した花がおちてこぼれたが、どうでもよかった。
「狭也」
 ふと、手を取られた。顔を上げると、探し求めていた人が、にっこりと笑っている。
「稚羽矢。ずいぶん探したのよ」
 柔らかい手が、稚羽矢のほほに触れた。
「わたしだって」
 目をみあわせて、笑いあう。
 ふたつの影がかさなると、夏のまつりの夜がふけるまで、離れることはなかったのだった。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR