flower border

拍手お礼234

Category拍手お礼
拍手ありがとうございます!



兼倉さん

兼倉さん、こんにちは!

二次創作、とても面白いです。
ある登場人物を擁護するため、「ほんとうはもっと、こう…」みたいな夢をかなえるために書く部分も大いにあるなあと感じました。
好きな登場人物を、やはり「きらい」という人もいるわけですが、やっぱり悲しくなったりもします。
色々なフラストレーションを創作に生かしていければいいですね…!

更新時間が4710に注目してくださり、ありがとうございます…!
たぶんお気づきになっているのは兼倉さんだけなのではないでしょうか。

今回の薄紅話は、阿高に「好きだ、悪いか」とどんな状況で言ってもらおうか、かなり楽しく悩みました。
大勢の前で「好きだー」と叫ぶという案もあったのですが、ちょっと形になりませんでした。
鈴さんの耳元でこそっとささやいてもらう方向におさまりました。

国司ネタ、すごく興味があります。
今回の話ではにおわす程度になりましたが、調べて書いてみると面白そうです。

あたその夫婦は、三年たってもまだこんな感じだと私は想像しています。

影ふみして遊んだり(阿高はぜったいにつかまらない)
阿高は嫁にいっさいデレなかったり(表向きは)
じつは誰より鈴を心配して見守っているとか。

鈴鹿丸のころの彼女も魅力的でしたが、竹芝での鈴は「こんな風だったらいいなあ」という
私の理想です。

兼倉さん、ありがとうございました!





りんこさん

りんこさん、こんにちは!

ルーンの魅力が書けたかどうか、自信がありません。
難しかったです、ルンフィリ…!
ルーンはフィリエルに対して、すごく辛抱強く接しているようなイメージです。
恋人同士になった二人は、ゆっくりと愛をはぐくんでいくのかなあ、などと思いました。
「ユーナ」呼びは、フィリエルにかなり効くだろうなと、ニヤニヤしています。(すいません)
二人が塔を出て、どういう活躍をするのか想像すると楽しいです。

りんこさん、ありがとうございました!



ゆりさん

ゆりさん、はじめまして!

薄紅お好きなのですね。こちらの二次も読んでくださり、ありがとうございます!

うちの薄紅現代パロディのエピソードの順番は、ゆりさんの解釈でまちがいありません。

馬で連れ出されたときには、恋愛は成立していませんでした。
阿高にとって鈴が特別な存在になる大きなきっかけにはなった…という感じです。

阿高が馬でさらいにくるエピソードは、勾玉同人誌【幽ノ壱】のほうに「初恋」として収録してあります。
今は紙版ではなく、PDFというファイルをダウンロードしていただく形でお読みいただけますので、
もしよろしければお求めください!

初恋 サンプル

幽ノ壱・弐 PDF版について

ゆりさん、どうもありがとうございました!
関連記事

0 Comments

Post a comment