雪のちらつく早朝。
 外套をまとい厚ぼったいフードを目深にかぶったルーンは、足早に小道を下りおりた。
 やぶの茂った見通しの悪い曲がり道をぬけると、ふもとの村にでる。
 もうすぐ雪はやむだろう。
 吐く息は白い。
 たちこめた雲のすきまから、日の光が射している。溶け残ってかたく凍った地面も、帰る頃にはぬかるみに変わっているかもしれない。
 昨晩は一睡もできなかった。へんに落ち着かなくて、ひとりきりの部屋が寒々しく思えて。
 無事に大仕事がすんだのかどうか、気になってたまらなかった。
 まだ眠ったように静かな村の道を抜け、くもった窓から灯りがもれる一件のちいさな家にたどりついた。こぶしに握った手は、冷え切っていた。たたこうとする前に、扉が開いた。
「まあ、あなたでしたか」
 小柄な女性に会釈をすると、ルーンは挨拶をするのももどかしく、口早に言った。
「どうですか」
「母子ともに健康ですよ。いくらか難しいお産だったけれど」
「フィリエルは、どうしています」
「休んでいます。よっぽど疲れたんでしょうね」
 ほっとして息を吐き出す。あたたかな家に招かれると、フードをとった。質素な食卓につっぷして眠る人を、ルーンは見下ろしたのだった。
「助かりましたよ。女手があると、なにかと心強いものですもの」
 ウールの上掛けを肩にかけてもらったフィリエルは、穏やかに寝息をたてている。起こしてせき立てるのも気が引けた。昨日の朝から彼女は付きっきりでお産につきあっていたのだ。年の近い若い産婦をフィリエルはとても気にかけて、臨月にはいると毎日のようにこの家を訪ねていたのだった。
「・・・・・・おたくも、きっともうすぐね」
 目尻のしわが笑うといっそう深くなる。ルーンはぎこちなく笑い返した。
 もうすぐ。何がもうすぐなのだろうと考えて、その意味に思い当たったとき、ルーンは内心うろたえて、振る舞われたお茶をこぼしてしまった。
「まあまあ、大丈夫?」
「すみません」
 身じろぎをしたフィリエルは、ゆっくりと顔を上げて、目をぱちぱちさせた。
「・・・・・・おばさん、赤ちゃんは?」
「眠ってるわよ。フィリエル、さあ、だんなさまが迎えに来てくれたわよ」
「だんなさま・・・・・・」
 ぽつんとつぶやいたフィリエルと、目があった。ルーンはとっさに顔を背けると、彼女の外套をとってきて腕にかけた。
「そろそろおいとまします」
 腕を引っ張り立たせると、フィリエルは不満そうに頬をふくらませた。
「赤ちゃんの顔を見てからいきたいわ。ねえ、ルーンものぞかせてもらいなさいよ」
「ぼくは、いい」
 夫でもないのに、産後の女性に近づくのはためらわれた。
「おいで、うちに帰ろう」
関連記事
 

 

 

Comment

 

西の善き魔女

めちゃくちゃよくて感動です★
西の善き魔女しっててよかった♪

NAME:ピノ | 2013.05.14(火) 20:38 | URL | [Edit]

 

Re: 西の善き魔女

ピノさん、こんにちは!
読んでくださりありがとうございます。
二人のその後が大変気になります…!!

NAME:たかさわりえ | 2013.05.17(金) 12:54 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR