長いようで、終わってみるとこれほど短いものはない、夏休み。
 久しぶりに顔を合わせたクラスメイトに、おはようより先に「ちいちゃん、おめでとう」といわれた千尋は、すっかり驚いて「あ、ありがとう?」と答えたが、そうすると今までおしゃべりをしていたような子たちも、いっせいに千尋のほうへ顔を向けた。
「やっぱりそうなんだ」
「荻野さんもやるなあ」
「ねえ、水島先輩ってどうなの?」
 千尋は窓際の自分の机にかばんをおろすと、好奇心を隠そうともしない人たちをみつめた。
「なんの話」
「お祭り、一緒にいったんでしょ」
「リンゴあめのとこに二人でいたって」
「手、つないでたんだよね」
 それは事実だけれど、そのことと「おめでとう」とをイコールで結ばれると、かなり違和感があるのだった。
「先輩と、つきあってるんでしょ」
 飛んできた声が、おでこにぶつかるような気がした。
 ちくんと、胸がたしかに痛んだ。
 ちがうよ。
 そう言おうとしたが、ちょうど担任がやってきた。
 皆は席に戻り、なにはともあれ千尋は追求をまぬがれたのだった。
 つきあうというのは、好きあうもの同士がすることだ。
 水島のことは嫌いではないけれど、好き、という強い気持ちがあるかといわれたら、自信を持ってうなずくことなどできない。
 もしかして、水島とはぐれなかったら。
 ずっと手をつないでいたなら、戸惑いながら、それでも、千尋の気持ちは水島へ向けられていたかもしれない。
(ハク)
 あの子のせいだ。千尋を驚かせて、さんざんどきどきさせて、恋に恋する心をごっそりすくっていってしまった。
(恋・・・・・・?)
 机に頬杖をついて、千尋は外を眺めた。
 晴れた空は、すっきりと青い。青空はなぜか千尋の胸を苦しくさせる。流れる雲の白さに目を細めていると、なにかがぴかりと光ったような気がした。
 ひこうき雲よりまだ細い、絹糸のようなものが、空を飛んでいる。
(とぶ?)
 目を凝らしながら、千尋は前の席の子をつついた。
「ねえ、みて。へんなのが飛んでる」
「飛行機じゃないの」
「ちがう。くねくね飛んでる」
「そこ、静かに」
 教壇からたしなめる声がとんできて、千尋は口をつぐんだ。
 顔をまっすぐ前に向けていても、目だけは青い空にまうふしぎなものを追い続けた。
 白い糸くずは、雲にまぎれて見えなくなる。しかし、すぐに雲海から飛び出て息つぎをするかのように、どこか楽しそうに舞っているのだった。
「ビニールシート、かな」
 いや、ちがう。
「じゃあ、ビニールの何か・・・・・・」
 ちがう。びにいる ではない。
「じゃあ、へびのぬけがら」
 蛇・・・・・・ちがうよ。
「誰」
 千尋はどんどん近づいてくる「それ」から目を離せないまま、つぶやいた。白い糸はひもに。ひもは、おびのようにたなびいた。

 そなたのために飛んできた。
 おろかだね。そなたの目にとまりたいばかりに。

 その声は、耳に音として響くのではなかった。
 ただ、胸に鈴があるとしたら、それをやさしくふるわせるように、ふれてくる声だ。
(だれ)

 私だよ。

 教室の窓にすずしいそよ風が吹き込んだ。
 こもった熱気が吹き払われるような穏やかな風が引かないうちに、突然打って変わって激しい風が、窓をがたがたと揺らし、カーテンを嵐の中に立つ旗のようにはためかせた。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR