「荻野、おまえさ。なんか憑いてる」
「はあ」
 千尋は頬をかいた。いつのまに虫に刺されたのか、とてもかゆい。
「あの、運的なものですか? 今日はあんまり・・・・・・」
 年下の男の子にからかわれたことを思うと、手放しに楽しい一日だったとも言えないような気がする。
「えっと。先輩にワタがしとか、リンゴ飴とか買ってもらって、そういう意味ではついてますかね。金魚を逃がしたのは悔しかったです」
「そういうことじゃ、ない」
 水島はこわい顔で千尋の肩をつかんだ。
「何かひっつけてきたぞ、おまえ」
「くもの巣?」
 肩や背中をばんばん叩かれて、千尋は思わず声を上げた。
「ちょ、先輩」
「うるさい、黙ってろ」
 何かのどに詰まらせたわけでもない。何かがついているなら、さっと払ってくれればいいのに。
「落ちねえな」
 ぼそっとつぶやくのも気味が悪い。
「もう、なんなんですか。おばけとかいやですよ。おどかすのはよしてくださいってば」
「そういうんじゃない。そんなんじゃないけど、おまえ、おかしいぞ」
「おかしいのは先輩です」
 にらみあうと、水島は目をそらさずに言った。
「ああ、おかしいよ。昔っから、おまえのことが気にくわなかったんだ。なんか、へんなもんをくっつけて、周りからひょいっと浮いてた。いつも、いっつもだ。それが、今日は地に足がついてみえた。はじめて、おまえがしっかり見えたような気がした」
「なんのこと・・・・・・」
「いいか、おれは、おまえが好きだ」
 千尋は絶句した。
「浮いてるから気になったのか、気になるから浮いて見えたのか、もうわからん。でも、考えるのはやめにした。おまえがその」
 言いよどんだ水島は、照れくさそうに、そっぽをむいた。
「そう言ってくれるんなら、おれも腹をくくるよ」
 なにがどうなっているのか、さっぱり話がつかめない。
「おまえのつけてるそれも、ぜんぶひっくるめておまえだもんな。よし、荻野。おれとつきあおう」
「・・・・・・」
 口をあけたままでいると、水島は千尋の両手をにぎった。
「心配すんな。おれも多少は免疫あるし」
 間近で見下ろされて、千尋はあとずさった。
 もうわけがわからない。ただ、つきあおう、だけが耳の奥でこだまして、頭が真っ白になってしまった。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR