杉の林はうっそうとしているが、つるされた提灯がぼんやりとともっているせいで、それほどこわくもない。くつわぜみの鳴くのが、そこかしこから響いてくる。途中でくもの巣に何度も引っかかってしまった。
「わ、ごめん」
 蜘蛛が苦労してかけた網を破ってしまうのは、なんだか申し訳ない。友達に笑われるから、いつもは黙っているのだけれど、一人の心細さのせいで思わず声に出してしまった。
 吹き出すような笑い声に、千尋ははっとした。
「先輩?」
 神社の前の獣像のかげから、小学生くらいのひょろっとした男の子が姿を見せた。白っぽい祭りの衣装を着込んでいる。肩あたりで切りそろえた髪が風にふかれて、細い首があらわになった。大人びた静かな目をそっと細めて、その子はつぶやくように言った。
「だれに謝っていたの?」
 六年生くらいだろうか。なんとなく気圧されるような気がして、千尋ははぐらかさずに正直に答えた。 
「蜘蛛に」
「そうか。でも、なぜ?」
「蜘蛛がせっかくかけたんだもの。身を削って、糸を紡ぐのよ。また一からやりなおしなんて、気の毒でしょ」
「・・・・・・そうだね」
 静かな声の中に、あざけるような響きがあるのに気づいて、千尋は手にした巾着を胸の前でぎゅうと握りしめた。
「そなたが網を破ったせいで、蜘蛛は獲物を取りはぐれるかもしれない。そうしたら、飢えたあのものたちは死ぬだろう。それで、ごめんと言ってそなたはすますのか。言葉だけなら、ないほうがましだ」
 そういう声は冷たいのに、なぜかすねた子が唇をとがらせているようにしか思えなくて、千尋は肩の力を抜いた。その子の前にしゃがみ込んで目線をあわせると、男の子はすこしひるんだように顔をひいたが、逃げだしはしなかった。
「言葉だけ・・・・・・そうかもしれないね。でも、すまないと思う気持ちは本当なんだけどな」
「気持ちなど、すぐ変わる。すぐに忘れてしまうんだ」
 誰もいない場所にひとりぽっちで、すねてひがんだ目をしたこの男の子が、どうにも放っておけない。
 千尋はあたりを見回した。小さな神社の境内には、ほかに誰が訪れる様子もない。
「ねえ、待ち合わせをしているんだけど、神社はほかにもある?」
 男の子は目をぱちっとしばたいた。着物の肩あたりを見下ろして、わらじをはいた足の裏をじっとみつめたりしている。
「奥にある。そなた、ところで、どうしてわたしが見えるの?」
「何が? 目はいいほうだけど。夜目もきくわ」
「なぜ、声が聞こえる?」
「耳はいいほうよ。地獄耳だってよくいわれる」
「地獄・・・・・・耳。すさまじいな」
 すさまじい、もう一度つぶやいた男の子は、千尋の足下にふと目をとめた。
「血が出ているよ。手当したほうがいい」
「いいの、大丈夫」
 足を隠そうとすると、男の子はなだめるように、しかし有無をいわさぬ声で言った。
「足を引きずりながら歩いてきたね。そのままじゃ、祭りなど見て回れないよ。本道は山車の通る道だ。たいそう込み合うから、そなたの待ち人が奥にたどりつくまで、まだだいぶ時がかかるだろう」
 差し出された手を、千尋はひかれるように握りしめた。
 指先は冷たいのに、それでいて手のひらには熱がこもっている。
 急に胸が速く鳴り出した。息ができなくなるほどだ。
「ねえ、あなたの名前は?」
 男の子がためらいがちに答えるのを聞いたとき。
 目に痛いくらいの真っ青な空と、草が風になびく広々とした草原が思い浮かんで、千尋は目をみはったのだった。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR