拍手お礼165

2012.06.09.Sat.04:36
拍手ありがとうございます!

娘と『小公女』を読んだのですが、主人公のセーラにいじわるをするラビニアと、
寄宿学校の責任者であるミンチン先生が気になってたまりません。

私が子どものころは、いじわるな人たちで一くくりにしていましたが、
大人になってから読んでみると、「ラビニアも親元を離れてさびしいんだろうなあ」とか、
「ミンチン先生が金、金というのもなにか裏があるのじゃなかろうか」とか深読みできて面白いです。




琴さま

琴さま、こんにちは!

>一番みてみたいのは荻原碌山の“女”

教科書にのっているのをみたとき、きれいだ と素直に思いました。
流れるような肢体のうつくしさに、目が釘付けです。

美術館の建物を見るのも楽しいですね。わたしもぜひ行ってみたいです!!

ご主人とのなれそめフォウ!
素敵です! 一緒にいて居心地がいいって最高だと思います。
全部を受け入れてくれる懐の広さ。いい!
ご自分から求婚なさったと。積極的な琴さまも素敵だ!
すきですと、思い切って伝えることができる女性は魅力的だと思います。


ネットでの出会いは、顔も見えずあるのは文章だけです。
でも、文章ではかっこつけられないものですよね。
文は人なりで、書いたものにその人の考えがくっきりあらわれてきますので、
それが毎回ブレない、ゆがみがない、偏ったところがない人と、ドトール的な場所でお茶しました。
大勢人のいる場所で、すぐに切り上げられる顔合わせです。

職場での出会いがゼロだったので、ネットに頼ってみました。
あらかじめ、同じ系統の趣味を持っている相手が探せるところがいいと思います。

こういうのもありだと思います。

>…というか、自分が恋愛関係について語っているという事実が信じられません。これはきっと夢だ…!

これはリアルですとも!!

琴さま、貴重なお話をありがとうございました!





兼倉さま


兼倉さま、こんにちは!

阿高の株が急上昇で、やっぱり阿の字は一味ちがうと思いました。
心をきめたら一直線につき進みそうな男振りがたまりません。

>菅流兄貴は断られてからが勝負の始まりと思っていそうです。

ぜったい一度ではめげませんね。この人に目をつけられたら、逃げるのは無理だと思います!
兄貴が焦って空回りするすがきさが読みたいです。
いつか書いてみたいです。

>一番執念深いのは稚羽矢さんではないかという気もします。狭也はもう逃げられない。

相手を解放する、という選択肢がもともとなかったりしそうです。
一度手にしたものはずっと手放さないのだろうなあ、と遠い目で妄想に入ってしまうところでした、あぶないあぶない!!

科戸と藤太はブレない男です。不器用じゃない科戸なんて科戸じゃない! くらいの勢いでお願いします。(何を) 藤太はもう読まれてますね!
嫉妬する小倶那は、ほんとうにコワイと思います。そのあとどうなるか、追求してみたいです。
がまんする子ほど、爆発したときがこわいとも言いますし…。

>お見合いで稚羽矢の心を射止めるには馬の話をすればいいと思います!阿高もそれで釣れそうです!(魚か)

釣れますね! いっそ、馬になれば愛してもらえるかもしれません。
「腹がすいたか?」「きれいだな、おまえは」とか言ってもらえるかもしれません。
馬としてですけど…。

小倶那は自分をころして気遣いができると思うので、大人として対応してくれそうです。
鳥彦と遊園地とかに行ったら楽しそうですね。
菅流と藤太はイケイケ路線なのに、こういうときに違いがでてくるような気がしてなりません。
大碓の俺様ぶりは、一部の上昇志向のお姉さま方に大歓迎されるのが目に見えるようです。

氷室さんの記事を何にしようか、考え中です!
あと、今月中には「坂東の男はちがう」と豪語する草十さんを書きたいです!

兼倉さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント

管理者のみに表示