拍手お礼155

2012.05.23.Wed.04:01
拍手ありがとうございます!

物事にはいい面と悪い面、両方が必ずあって、
得れば失うものがある。失えばかわりに得るものがあるとわかっているのですが、
きのう半分以上残ったアイスを落としちゃった! aaaa!なとき、やっぱり悲しかったです。

ということで、久しぶりの小ネタを。




【アイス的なものを落とした瞬間】 

稚羽矢 落としたことに気づかない。

科戸  顔をしかめる。鼻をならして立ち去るが、数歩いったあと、未練がましく振り返る。

鳥彦  三秒ルール適用。
    
小倶那 皇子モードの場合:落ちたアイス的なものには一瞥もくれない。全く平気な顔。
    素顔の小倶那の場合:「あーあ。食べるのへたね」遠子の心ない言葉にショック&しょぼん
              ただし、一口わけてもらうだけであっけなく笑顔になる。食べ終えたあとは必ず口              に何かついてる。子どもか。
              

菅流  女はオトすが、アイス的なものは絶対に落とさない。

阿高  アイス的なものはあまり好きじゃない。
    アイス的なものを食べたあとの人が、ほっぺたにつけたクリームなんかに興味がある。

藤太  アイス的なものを知らず知らずに三人前は軽く食べてしまう。
    そこはかとない腹痛を感じながら、手に取った一本。
    落としたときの断末魔の悲鳴に、同情ではなく顰蹙をかう。アイス的なもの禁止令が出る。
    



琴さま

琴さま、こんにちは!

関東方面であることを祈っています。
お会いできると大変うれしいです。

>万葉草木染や万葉食講座はとても面白そうですね!特に草木染には興味があります。

琴さまも興味をお持ちですか!
草木染めは、意外な色がでてくるということなので、面白そうです。

>地元に染料植物園というのがあり、七年前に高松塚古墳の壁画に描かれた女性が身にまとった衣服が色から再現されたというので、特別展示を見にいきました。とても美しかったです…!詳しくないのでうまいことは言えないのですが、日本の色は独特な美しさがあると思います。色の名前もまた美しいですし。

美しかったのでしょうね!
うらやましいです。古代はアカ・クロ・シロ・キ など数色しかなかったと何かで見ました。
それが、細分化され美しい名前がつけられてきたというのが、本当に素敵だなあと思います。

>当日はたまたまその再現に挑んだ草木染作家の方が会場にいらしていたので、ますます興奮でした。できればもう一度拝見したいです。

それはすごい! ドキドキですね!!
当時の鮮やかな色を再現…ロマンチックでドラマチックです。

>今日は幽ノ弐を読みました。稚羽矢と狭也が仲良くする場面がとても官能的だと思いました。抑えた表現が艶めかしさを匂い立たせていてたまりません。再び官能ブームに身を投じたくなりました。

ありがとうございます!
もっとぐいぐい迫っていきたいのですが、勉強中です。
官能部の活動をひっそりと続けていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

>そして、科戸は相変わらず切ない場面が多かった…(涙)でも…!でも…!妻と娘がいた…!!(感涙)娘に甘い科戸に思わず悶える私。科戸には幸せになってもらいたいです…!!

科戸の不幸と幸福を追求する活動もひきつづき行っていきたいと思います!
科戸は息子には厳しそうですが、娘には激甘だと思うのです。きっと。

琴さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント

管理者のみに表示