幽ノ弐サンプル5 鳥の声

2012.04.20.Fri.05:17
 午後の日差しが地に長く影をおとしている。渡殿を通り過ぎようとしていたところ、聞き慣れない鳥の声が聞こえてきて狭也は足を止めた。夏の鳥で、こんなに軽やかにたのしげに鳴くものがいたろうか。
 汗を拭いながらその声に耳を澄ませた。
「気に入った?」
 ふいに鳥の声がやんで、笑みを含んだ声が落ちてきた。低いがあかるく澄んだ、若やかな声の持ち主は、太い枝のまたに足をかけていた。
「稚羽矢。まあ、あなただったの」
 うなずいた人は、声を潜めて言った。
「羽のあるものたちが近くにいないか見てくれないか?」
 狭也は空を見上げた。一羽のカラスが自然にはありえない奇妙な動きをして飛んでいる。あれは鳥彦だろう。
「かくれんぼでもしているの」
 木の上からするすると降りてきた稚羽矢は、髪に葉っぱをくっつけたまま、見下ろすようにすぐそばに立った。
「探しているときいたら、隠れたくなって。狭也のところに行こうとしていたんだよ」
「大王ともあろう人が。まるで子どもね」
 狭也は思わず吹き出してしまった。稚羽矢も朗らかに笑った。
 稚羽矢は狭也の手を取り、ほほに唇を寄せた。そしてふくらんだ腹を、おそるおそるなでた。
「苦しくはないか? この中に子がいるなんて、信じられないな」
「あたしも信じられないわ」
 夫への慕わしさがこみ上げて、胸が痛くなる。
「祝言とはなんだと、そう言ったのをあなたは覚えている?」
 こうしてふつうの夫婦のように、子の誕生を待ちわびることができるなんて信じられなかった。
「そんなことを言ったっけ」
 目を大きくして、稚羽矢は首をかしげた。
「言ったわよ」
 かすめるような口づけをされて、狭也は頬がほてるのを感じた。
「今ならたしかに分かる」
 さりげなく触れられるのにまだなれないなんて、あまりにうぶなことだと我ながら恥ずかしい。
「ややというのを、はやく見てみたい」
 稚羽矢はまじめな顔つきで言った。
「人の子が生まれ落ちるとき、暗くて狭い危険な道を通ってくると聞いたよ。ときには、生まれ落ちる前に女神の御もとへ戻ることもあると」
「闇の道を迷わずに来て戻った、あなたの子よ。きっと大丈夫」 
 願いをこめて言うと、稚羽矢もほほえんだ。
 そのとき、一羽の鳥が稚羽矢の肩にとまって、せわしなくくちばしを鳴らしたかと思うと、あっという間に飛び立っていった。
「斥候に見つかった。行こう」
 稚羽矢は狭也の手を引いて歩き出したが、うまく逃げおおせることはできなかった。いかめしい顔をした科戸王がいつのまにか行く手をはばむように立っていたのだ。
「そうはさせるか」
 稚羽矢はうんざりとした顔つきで王をにらんだ。
「何のようだ?」
「聞いていなかったのか。そなたらを迎えに来たのだ。逃げ隠れなどして」
 科戸王という人は、いつも眉間にしわを寄せ、宮でも進んで親しく人々と交わろうとはしない。しかし大王からの信任もあついということで、宮でも一目おかれる存在となっていた。
 こうして共に並ぶ姿を見ると、主と臣下というよりは、友のようにも見えるのがふしぎだった。
 狭也はこっそりと二人を見比べた。
 かつて冷たい憎しみのまなざしを振り向けることしかなかった王は、あのころと比べれば稚羽矢にずいぶん気安く接するようになった。
(日高見から戻ってきてからだわ)
 名も知らぬ凍った土地で、大王の末裔や橘の子孫たちと出会ったことは、狭也の胸にとても愉快な思いでとして刻まれていた。
 本来なら、けっして交わることのない遠い時のむこうにいる人たちに、まるで水たまりを踏み越えるようにあっさりと出会い、語らい、笑い合ったことは夢と思うにはあまりに楽しいときだった。もう会えないと思うことが、辛く感じられるくらいに、あの人たちのことが好ましかった。
「岩姫さまに関わることですね」
 狭也は稚羽矢のそでを引いた。
「稚羽矢、待たせてはいけないわ。すぐに行きましょう」



 開都王がともなってきたのは、うら若い乙女だった。
 きちんと座して平伏している。
「氏族にとって大切な使命を引き受けてくださり、感謝しています。して、岩姫さまのよみがえりについてなにかわかりましたか?」
 狭也が熱心にたずねた。岩姫は深い知恵でもって、皆をつねに導いた。人々の心を支え、戦を勝利に導いたのは彼女の存在があったればこそ成し遂げられたことだ。女神の御許へ旅だった岩姫のよみがえりについては、氏族の人々にとってもっとも気になることがらなのだった。
「岩姫さまは、もうじきお生まれになるものと思います」
 彼女が差し出した生の勾玉は、ゆるやかに明滅しているという。白い手のひらをうろのようにしてその中に勾玉をおくと、ささやかなかがやきがようやくみえた。
「古い器は、明滅したのちかがやかなくなるのだそうです。新たな持ち主の生まれるのと一緒に、あらたな器が生じます」
 そう言いながら顔を上げた人を、科戸王は驚きとともにみつめた。
 小柄なものの、背筋をぴんと伸ばし、誇らかに顔を上げている。勝ち気な瞳とぎゅっと結ばれた唇。日高見で出会った娘によく似ている。
 視線を感じたか、ふとこちらをみた娘は、怪訝そうに首を傾げた。豊かな髪を頭の後ろで一つにまとめ、子馬の尾のようにたらした髪型も同じだ。
 のんきな稚羽矢は気づいていないようだが、狭也は驚きをあらわにし、それでも彼女が日高見で出会った娘のはずがないと、口をつぐんだようだった。
「岩姫さまは、生前におっしゃいました。ほんの少しだけ休息をとったらば、また氏族の子らに会いに戻ろうと。わたしは、岩姫さまがお生まれになったあかつきには、またおそばでお世話させていただきたく思い、こうしてお願いにあがりました」
 そこで、思い出した。岩姫の部屋付きとして戦場にも付き添っていた娘だ。
 かげのように氏族の大巫女に仕えていたが、これほど注視したことはない。
 それにしても、日高見の遠子によく似ている。
 他人が、こんなにも似ているものだろうか。
「あらためてご挨拶申し上げます。わたしは鳥彦の姉の、遠呼と申します」
関連記事
コメント

管理者のみに表示