拍手お礼129

2012.04.20.Fri.04:46
拍手ありがとうございます!

空色原作で、岩姫の部屋付の少女がいました。
稚羽矢が鹿になったあと、夜がふけてから狭也と稚羽矢を呼びに来ます。
ほんの数行しか出てきませんが、鳥の声は、この少女が半分主役です。



4/19琴さま

琴さま、こんにちは!
アレルギーの症状ですか…。体調がすぐれないと、気分も晴れませんね。

心の状態も、つねにニュートラルな状態にしておきたいとは思いつつも、
なかなかちょっとしたことで平安が乱されます。…乱れるのも仕方ないのでしょうか。

気持ちをたて戻すには、好きなことをするのが一番の特効薬だと信じています。
書くこと、読むこと、子どものように遊ぶこと。
これができていれば、私の場合は健康みたいです。
琴さまの特効薬も、いつか教えていただけるとうれしいです!

>中学生ごろ空色に出会っていたら、たぶん稚羽矢とか月代王が好きだったんだろうなあと思います。

月代は白馬の王子のようにキラッキラして見えました。
稚羽矢もだんだんたくましくなってくる成長ぶりがドキドキものでした。
この二人を差し置いて、少女たちは科戸には行きますまいよ!!(断言)

>もう科戸が好きすぎて(以下略)

以下略の部分も気になります!

年上の男性は、余裕がありますよね。私もあこがれる時期がありました!
色々と物知りなところとかが、すてきに見えたのかもしれません。

>世の中には決して解明できないような不思議な出来事がたくさんあるなあと実感します。

琴さまのコメントを読んでから、少し調べてみましたが、
指がないって、そういう意味もあったのかもしれないですね!
またぞわっときました。なんて悲しい。せつないです。

>私はロマンだと思っています(笑)

私も、頭ごなしに否定はできないと思います。
というか、きっとあるんだろうと。信じています!
見えないというだけで、ないと決めつけるには、不思議なことが多すぎますものね!

「見える方」の話を聞いたりすると、「ああ、ほんとうにみえているんだろうなあ」と思います。
でも、それを理解できるかはまた別の話なのかもしれません。

伊勢外宮の風宮の鳥居の所に「聖徳太子みたいな男性が立ってた」という話を聞いたときには、内心、
そのお方はきっとシナツヒコノミコトに関係してますよ、きっとそうですよ!! と内心荒ぶりました。
去年伊勢に行った時に聞いた話ですが、風宮にはひときわ熱心にお参りして来ました。
「科戸王話をどんどん書いていきます」と。(そっちか)

琴さまがお聞きになったふしぎなお話を、いつかお聞きしたいです!!

琴さま、ありがとうございました!



4/19ほりさま

ほりさま、こんにちは!
到着のご報告、ありがとうございます!
楽しく読んでいただけることを心から願っています。

ほりさま、ありがとうございました!

関連記事
コメント

管理者のみに表示