拍手お礼83

2012.02.24.Fri.03:43
拍手ありがとうございます!

科戸話への反応が思ったよりあってうれしいです。




2/22琴さま

>大好物な科戸王と狭也のお話

王の不器用さを見ていると、応援したくなってきます。
狭也に王のよさが伝わる日は、きっと来ると信じて二次を書いていきたいです。

そして、銀金ネタありがとうございます!
真秀の章をもう一度新書版とかで読めたらとてもうれしいのですが。琴さまに同意していただき、うれしいです。
飯田さんのイラストは、本編をかなりかなり盛り上げていましたね!
私は五巻の真秀が海の中にいて魚と戯れる(?)カラーイラストが一番好きです。
イラスト集が手元に届き、あらためて「銀金…!!」となりました。
羽衣の娘という話で泣きました。

中学生のころは、ストーリーを追うことに必死で泣くことはなかったのですが…。
おそらく、わたしは琴さまと同年代だと思います!
ちなみに55年生まれです。

>勾玉好きの方は銀金の世界にあっさりと入っていけるかと思うので(逆もそうですが)、ぜひ色んな方に読んでいただきたいですね。

 ほんとうにそう思います。さきに銀金で古代に親しんでいたから、勾玉を読んだときすうっと入ってきたのかなあとも思います。

>“ヤマトタケル”

 氷室さんのヤマトタケル、わたしも好きです!
 ちょうど古本屋さんでみつけたところだったので、じっくり再読しました。
 ヒコイマスも出てきますね。
 挿画のあやしい美しさがなんともいえません。


 琴さま、ありがとうございました!


2/23兼倉さま

>待ちに待ったスーパー科戸タイム!!

 科戸タイムを終わらせたくないです。恋が実るかもしれない。いや、まさか、ありえない。
 という揺れまくる男心の中身が大変気になります!

>まるで麻薬のように、苦しいと分かっているのに求めてしまいます(私が)。

 なんてわるい男なんだ!(ちがう)

>結ばれることのない焦がれ続けた人を、ほんの一瞬だけでも占有できたこと、そしてそれが死ぬことによって永遠になる…ような。大変妄想を掻き立てられました。萌え狂いました。

 色々なことを考えると、やはり目で追うくらいしかできない。
 ときに苦笑をしながら、あきれながら。嫉妬にやかれるような心地でみつめるしかない。
 という妄想です。
 報われたらこの人はほんとうにどうなってしまうのか。

 兼倉さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント

管理者のみに表示