拍手お礼81

2012.02.20.Mon.16:07
拍手ありがとうございます!

突然ですが、同士がいたらいいなあと思って書きます。

雑誌cobaltで連載されていた氷室冴子さんの「銀の海金の大地」が大好きです。
ここでみずらというイカシた髪型があることを知ったわけですが。
挿絵を描かれていた飯田晴子さんのおかげで、遠くてイメージすらできなかった古代がすごく近くなりました。
飯田さんがツイッターをされているようなので、ファンの方はぜひフォローを。

https://twitter.com/#!/kamo2010kamo

飯田さんのサイト 
http://www.evergreen-cs.com/


ここからコメントへのお返事です



02/19楠木さま

リクエストありがとうございました。
前のめりになってくださって嬉しいです!!
闇の人々からすれば、狭也は氏族の巫女姫であってアイドルのようなものだと思うのですが、
中身はふつうの娘さん、というギャップが魅力でもあると思います。
成長した稚羽矢が「守ってみせる」と言ってくれたらいいなあと願っています。

楠木さま、ありがとうございました!


02/19 みんさま

お待ちしていました!

第三者からみたあたその、承知しました。
あたそのは色々な楽しみ方があると信じています。阿高視点もいいし、鈴視点も。
なかなかありそうでなさそうな総武からみた若夫婦というのもいいですね。

もう少々お待ちいただけるとうれしいです。
みんさま、ありがとうございました!


2/20兼倉さま

おおお!日常! 最初は何の気なしにみていたのですが、五分くらいで釘付けになりました。
誰しもがうっすら感じたことのある感情などを、これでもかというくらいデフォルメすることで凄い笑いの世界を生み出しているところが好きでたまりません。

笹原の変人ぶり、稚羽矢に通じるところがありますね。わが道を行くというか。
稚羽矢が変人というわけでは決してないのですが!!
…いや、どうだろう?

兼倉さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント
はまってました
こんばんは♪はじめまして

たえこと申します。ちょっと前の記事へのコメントですみません。

銀の海金の大地の文字に引き寄せられて遊びに来ました。

あの切ない物語が大好きです。本当に続きが読みたかった…。
ありがとうございます!
たえこさま、コメントありがとうございます。

たえこさまも銀金はまっておられましたか!!
私もあの魅力的な世界に思春期まるごとはまっていました。
佐保彦と真秀の恋を全力で手に汗握って応援していました。

続きがもう読めないということは本当に悲しいですね。
当時の手帳を見ると、氷室さんの訃報が乱れた字で書いてあります。それを眺めるたびに、切なくなります。

でも、作品はずっと多くの人の心に残りつづけるのだなあと思うと、物語の力に感嘆するばかりです。

こちらは勾玉のブログなのですが、六月頃に氷室さんを偲んで氷室作品の二次も書けたらいいなあと思っておりますので、もしよろしければまた遊びに来てやってください。

たえこさま、ありがとうございました!

管理者のみに表示