拍手お礼58

2012.01.13.Fri.05:39
拍手ありがとうございます!

甘酒を久しぶりに飲みましたが、はんぱない甘さに驚きました。
あんなに甘かっただろうか…。
甘いもの好きですが、あの甘さはにがてだなと、もらっておいて思ってしまいました。
「少しだけください」って言ってよかった。お腹いっぱいです。

しかし、妄想は別バラです。
湯水のようにわいてきます。
二次創作も甘酒に似ているなあと、ふと思いました。
嫌いな人は、とことん飲まない。甘くておいしいものは、ほかにもたくさんあるし。
好きな人は、さらに砂糖を加えてまで飲む。(猛者)

二次に関しては、わたしは後者です。そうでありたいなあ。
むしろ、配りたいんだ。甘くて胸やけがするようなやつを!!
精進します。



1/12兼倉さま

>ち、稚羽矢…!なんと自然に狭也の唇を奪うのか…!

 すべてがナチュラルかつ迅速に行われます!

>真人や科戸先生はきっと何年もの間狭也の唇を見つめつつムラムラする己を必死に抑えてきただろうことを思うと笑…泣けてきます!ぷ

 どういうわけか、切なさよりも笑いが出てきます!
 宿題がけっこううまくできて、科戸先生にほめられる(現国教師設定byきぬさん)→稚羽矢が一緒に勉強している相手が狭也だとわかってしまい、かなりの深手を負わせる・・・という光景がまざまざと浮かびました。

 兼倉さま、ありがとうございました!

関連記事
コメント

管理者のみに表示