拍手お礼54

2012.01.06.Fri.05:03
 拍手ありがとうございます。
 松の内もなんだかんだで過ぎてしまいます。
 お礼をようやく書くことができる!

 勾玉の本は二月中には皆さんのお手元に届くよう、製作中です。
 詳細は今月中にお知らせしたいと思います。
 もう少々お待ち下さい。

 ここからは、拍手コメントへのお礼です。



12/31兼倉さま

>全力で実行できていると思います!このままでいいということなんですね!

 言うまでもなかったことでした! 神的には、今年はもっと燃えたぎってくれ(!?)ということかもしれません。

>そして大国主命!!!【慈愛にみちた神です。】のところでなぜか吹き出してしまいました。

 そういうポジションのようです。笑ってはいけない…! ぷ

>日本の神様カード面白いですね。タロットカードみたいなものですか?

 これはオラクルカードの一種です。
 ドリーンさんという人が考案した、もともと西洋の神や天使がキラッキラしているカードなんですが、数年前にその日本版純正盤ともいえるこのカードが発売されました。
 タロットみたいにこわいカードはありません。
 ひくとメッセージがもらえる、おもしろいカードです。
 いまのところ家族には内緒で楽しんでいます。

>ひざ枕ってやっぱり最強の萌えかもしれません。

 二人の関係性が一目でわかりますね。膝枕!


01/02紺屋きぬさん

 今年もどうぞよろしくお願いいたします!

>年越し連続更新

 予約投稿なんとか間に合いました! 年末年始もやはり早起きでした。
 
>闇のおっさん皆で容赦なくかわいがってもらっている稚羽矢

 きれいな顔に、容赦なく雪玉をぶつけたりしそうです。
 そういうかわいがられ方をしていない(という設定)現パロ稚羽矢も、なんとなく居心地がよくて
 狭也のところにますます入り浸る、とかだといいです。

>科戸先生は年末にもまたハートブレイク

 教職にあるまじき…。普段は生きにくそうなくらいまじめな印象の先生だというのに。
 狭也がからむと…!

 とうちぐの距離感が、まだつかめていないです。
 千種は藤太が好きだが、まだ信頼まではしてないというイメージで書きました。
 今回一番すんなり書けたのが、おぐとこでした。
 豊青はいくつなのか…二十代あたりではなかろうかと、踏んでいます。
 あの落ち着きの中に、小倶那を案じる言葉からして。娘さんだと楽しいなと妄想しています。

 きぬさんにとっても、今年がすばらしい一年でありますように!


01/04 そらさま

 ご来訪ありがとうございます!

>ピクシブで「祝言の日まで 前」をお見かけしたときからこっそりと楽しませていただいておりました。

 うれしいです。ピクシブはイラストがほとんどなので、埋もれてしまうだろうなあと思っていたのですが、けっこう読んでくださる方がいらしてありがたいです。

>久方ぶりにブログにお邪魔させて頂くと、ど、同人誌という表記…!是非手に入れたいです。

 うれしいお言葉です…!
 楽しく読んでいただけるものを、お届けしたいです。

>本の制作など、大変かと思いますが応援しております。お陰さまでうきうきとした気分で新年を迎えることが出来ました。ありがとうございます!

 こちらこそ、温かいコメントをありがとうございます!
 ただいませっせと書いております。なんとか今月中に書き終わり、二月中にはお届けしたいです。
 
 そらさま、ありがとうございました。


01/05兼倉さま

 旧年はお知り合いになれてうれしかったです。
 今年もよろしくおねがいします!

>超充実した年越しができました!

 本当ですか! そう言っていただけるとありがたいです。
 半年前というより、もっと長いお知り合いのような気持ちでいました。
 今年は友達に昇格したいものです。

>今回の「勾玉ゆくとしくるとし」でも「まったく稚羽矢は!(もっとおやりよ!)」

 すべてを静かな心でやりとげるであろう稚羽矢が、欲を出したらどうなるのか想像もつきません…!

>「小倶那はもっと本気出してもいいんだZE」

 本気が軽くスルーされそうです。気づいて! 

>「科戸先生は未成年飲酒<<<<<狭也の膝枕(罪の大きさ的な意味で)

 ここは外せません! 

>「阿苑は何という癒し系カップルか!」

 あのあと、やっぱりみかん箱は持てずに、阿高に持ってもらったと思います。

>「藤千のお互いへの駆け引きが萌え滾りすぎて今ちょっと冷静になれないレベル…!」とか本当に本当に楽しかったです!

 藤千はあれで両思いとしたいです。絆を深めるのはゆっくりでも…待ちましょうぞ!!
 千種がデレるときを。
 

>今年もRieさまの創作を心より応援しております!最後になりましたが、鳥取より本年のRieさまおよびご家族の方のご多幸を一心に祈念しております。

 ありがとうございます!
 兼倉さんにとっても、すばらしい一年でありますように。
関連記事
コメント

管理者のみに表示