04:30

 稚羽矢が目を覚ますと、すぐそばにはうたたねをする狭也がいた。
 障子の向こうは薄明るい。夜が明けたのだろう。
 いつの間にか寝かされていた布団から起きだして行くと、そこここに、たてになりよこになりして、布団を掛けられて眠る人たちいる。稚羽矢はだれかの足を踏み、寝ぼけた声で怒られたがかまわずに台所に出た。
 頭がいたい。顔をしかめてコップに水を注いでいるとき、後ろから声がした。
「高倉」
「先生? なぜここに」
 科戸の不機嫌な顔を見て、ここが一瞬学校に思えた。
「それはこちらが聞きたい。親御さんはおまえがここに来ていることを知っているのか」
「言ってくるのを忘れた。でも、あの人たちはきっと気にしない」
 憎々しげににらんでくるが、そんなに悪いことを言っただろか。
「未成年が、身分をわきまえろ。あれだけ飲んで、よくも起きてこられたな」
 水を飲み干して、稚羽矢は息をついた。
「きゅうに気分が悪くなって、驚いた。膝枕というのは気持ちがいい。狭也にまたお願いしよう」
「反省する気がないようだな。いい度胸だ」
「反省とは?」
「こい、寝ぼけた目を覚ましてやる」

「何事だ?」
 夫が隣に立ったのに気づいて、明はささやいた。
「あの子を御存じ? 狭也さんが連れてきたのだそうです。あなたと同じ苗字です」
 雪の積もった庭で、竹刀をかまえて打ちあいをする二人を目をこらしてみつめると、夫はうめいた。
「稚羽矢だ。なぜここにいる?」
 明はため息を吐いた。
「困ったこと。どうかあの子がけがをする前に止めてください」
「いや、見ていよう」
 夫はどこか油断のならない目をして、おもしろそうに見つめているのだった。
「高倉の本家の秘蔵っ子だ。立派な姉と兄の後ろに隠れて、親戚だというのにいままでよく見たこともなかった。いい機会だ。いかほどのものか、見定めてやろう」

 稚羽矢は構えも何もあったものではなかったが、じつにうまくよけた。やる気がなさそうなのに、身のこなしがすぐれているのが、余計に科戸の怒りをあおるようだった。
「元旦から元気だね」
 起きだしてきた鳥彦が、あくびをしながら言った。
「挨拶がさきだと思うんだけど。まあ、これが毎年の恒例になるような気がするけどね」
 それを聞きつけた地獄耳が、竹刀を払いながら叫び返した。
「恒例だと。ふざけるな。こいつが二度とこの家の敷居をまたげんように、なんとしてでも、今ここで叩きのめしてやる」
 稚羽矢の手にした竹刀が宙を舞い、見事に地に突き立った。
 騒ぎに起きだしてきた人々は、わけがわからないながらも、手をたたいた。

「教職に就いた人間にあるまじき発言だな」
 菅流があきれかえった顔つきで言った。
「わかる気がするよ。恋は人を強くももろくもする。・・・・・・千種まだ寝ているかな」
 藤太がため息をつく。
「それにしても、腹が減った。おせちは台所か?」
「あの、つまみぐいはよしたほうが」
 小倶那がとめた。

 そこへ、岩姫があらわれる。皆は背筋をただし、向き直ったのだった。

 いざや、いざ。

「あけまして、おめでとうございます」
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR