21:50

 千種が離れの自室でミシンをかけていると、ふいに窓ガラスをたたく音がする。
 手をとめて、カーテンのすきまから外をのぞくと、雪の降りしきるなかに藤太が立っていた。
 思いもかけない人が、思いもかけないところにいることに驚きながら、千種はあわてて窓をあけた。
 凍えるような寒さだというのに、藤太はうれしそうに笑うのだ。
「来年も、よろしく」
「それを言いにきたの?」
 思ったよりきつい声が出て、千種は目を伏せた。
 ちがう。こんなことを言いたいのではないのに。
 そんなところに立っていたら、風邪をひいてしまう。
「来年はもっといろんなところに行こう。二人で」
「二人で?」
「そうだよ。近くの公園とか、ゲームセンターとか」
「もう行ったことあるわ」
「いつでもどこでも、きみがいたら面白い。見なれた場所も、なんでもない風景も、きみが一緒にいてくれれば、全然ちがうものに見える」
 そんな風に言われたら、ぐうの音もでない。藤太はいつでもこちらにためらいなく進み出て、いつの間にか千種のすぐそばにいる。そして、腕をとるのも抱きしめるのも思いのままにできるのだと、口には出さずに目で語るのだ。
 千種は彼の笑みの下に、軽蔑するべき下心がないか、あったらどうやってあばけばいいのかと、目を凝らしてみつめた。ひとたび、この人を心の中に入れたなら、絶対に追い出せない。この人が気持ちを変えたとしたら、たえられないのはこちらだ。
「あいさつだけだよ。凍えて死にそうだから中に入らせろなんて言わない」
 情けない声に、千種は思わずつぶやいた。
「よろしくね、来年も」
「中に入ってもいい?」
「だめ」
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR