20:00

「大人って、ほんとにだらけようと思ったら、どこまでもぐうたらになれるのね」
 

more

 遠子が怒っている。それもそのはずだ。橘の本家に集まった親族は、夕方ころからおもむろに飲み始めた。酌をさせられる遠子は心底うんざりした顔つきで、くどくど説教されるのもわずらわしいといった感じだった。
 おつかいを頼まれもしないのに、逃げるように外へでた遠子は、小倶那が追ってくるのがわかっていたように、道の角で待っていた。
 うっすらと雪が積もった道に立つ遠子は、白いコートを着ていても暗い夜にとけ込んでしまいそうに見えた。
「ぐうたらなんて言ったらわるいよ。年末だもの、少しくらい羽目をはずしたっていいと思うけど」
「よくない。酒飲みは大嫌い。たばこもね。外で吸ってって言ってるのに」
 遠子は小倶那の髪に鼻を寄せた。
「小倶那もたばこくさい」
「ぼくは吸ってないよ」
 遠子は目を怒らせた。
「あたりまえよ。肺が苦い黒いのでべったべたになって、病気になっちゃうわよ。もし小倶那が吸おうとしたら、なんとしてでも止めますからね」
 小倶那は、遠子ならかならずそうするだろうと思うと、おかしくなった。
「おじさんの舌、いかれているんじゃないかしら。わたしの味付けしたお煮付けが、腐ってるっていうのよ」
「味付け、手伝ったの?」
 小倶那はおそるおそるたずねた。煮付けだけならいいが。
「おせちもよ」
 遠子が胸を張るのを眺めながら、明日が来なければいいと、小倶那は半分本気で考えた。
関連記事

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR