拍手お礼42

2011.12.09.Fri.11:58
拍手ありがとうございます!


12/08 ゆらさま

 ご来訪ありがとうございます!
 お察しのとおり、遠子はこのあと、待ち合わせです。 

>象子と競うための晴れ着というよりも一番の本音は小倶那に見て欲しいからという理由だったらにやにやします。

 一番の本音はそうだといいなあと思いながら書きました。
 親しみと恋心の境目はどこなんだろうと、近頃考えています。

 またのおこしをお待ちしています!
 ゆらさま、ありがとうございました。


12/09兼倉さま

>適度に欲望のままに適度に素直じゃない菅流がいいですね!

 菅流はあんな感じのイメージです。いろいろ心得ている大人な部分もある女たらし(!?)

>菅流は女ったらしですが、藤太のような阿呆(失礼)ではないので、たまに思いのまま振舞うことが出来ない瞬間があって、それが読んでいる側としてはぐっときます。

 藤太は一直線ですよね。これという人がいたら、周りが見えなくなるという愛すべき一途さがあると思います。
 菅流は器用なようでいて、だいぶ損をしたり、貧乏くじを引いたりしているかもしれないと…。
 どちらかになれるとしたら、愛すべきあほの藤太がいいです!!(聞いてない)

>それに前回では「小倶那<<<<食べ物」だった遠子が、ちゃんと小倶那の目を気にしているところもとてもほほえましいですね!遠子め!遠子め!かわいいぞ!

 小倶那をなんとなく意識しつつも、食べ物も忘れていない感じがします。(食いしん坊)

>小倶那の一方通行ではないんだと分かって俄然盛り上がります!(落ち着け)お互いがお互いに想いを抱いていながら相手の気持ちに気付いていない、いわゆる「友達以上恋人未満」な関係は大変オイシイですね。

 双子のように育ってきて、恋人になるには大変なハードルがありそうです。
 そこらへんを右往左往するところをつついてみたいものです。

>今後の二人の進展と、菅象フラグに大注目しております!

 菅象フラグを、遠子が悪気なくへしおりそうな予感が…!!
「あの子がよろしくですって」と遠子が言うと、
「どの子?」菅流と象子が声を合わせるとかだと楽しいかも。(鬼)

 兼倉さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント

管理者のみに表示