拍手お礼41

2011.12.07.Wed.04:10
拍手ありがとうございます!

そして、おかげさまで拍手総数が888になりました。
雪だるまが3コ、もしくはみかんの二段重ねが三組並んでいる、といったおもむきです。

888のリクエスト、ぜひお寄せ下さい。

もしちょっと面倒に思われるなら、匿名でもまったくかまいません。
「ちいさやでヨロシク」とかでもけっこうです。

お待ちしています!


12/06 兼倉さま

>>科戸先生のくつ入れに…これを最初「くつ下に」と読み間違えて、

 くつしたでもいいですね! クリスマスが近いことだし(!?)

>さすがRieさまは何というドSプレゼントを…ッとか、

 とんでもない悪意を感じるおもしろプレゼントではないですか!

>27歳にもなってくつ下を枕元に置いている科戸先生は激しく笑萌えるッッ!!!とか勝手に物凄い盛り上がってたんですが、よく読み返してみたら「くつ入れ」でした。ちょっと眼科へ行ってきます。

 新たな可能性を教えてくださり、ありがとうございます!
 笑萌えの領域は、未墾の大地に思えてきました。

>そして887だった…!(悶絶)次の幸運なお方が羨ましいです。

 いつもありがとうございます! ぜひ次回は取ってやってください。楽しみにしています。
 兼倉さま、ありがとうございました!




12/06 紺屋きぬさん 一部引用させてください

 

お名前書いてありました! いつもありがとうございます。

>たしかに健康に悪影響を与えそうな映像でした(腹筋的な意味で)
>強男ダンサーズのインパクトが強すぎて…もういないはずなのに、バックダンサーズ強男が…!!

 腹筋的な意味で! うれしいです。ちょっとヤンチャしすぎたかと思ってびくびくしていたのですが、
 おおむね好感とともに迎えられてありがたいです。

>稚羽矢に剣突食らわせると狭也の科戸株が下がってしまう

 狭也の科戸株が上がるときがくるのか、静観したいものです。
 きつくあたっているつもりはなく、教育的指導だと思っていそうな科戸。
 「稚羽矢はあの人なりに一生懸命やっています」と言う狭也に対して
 「どこがどう、一生懸命なのかわからん」と一刀両断。

>「髭づらのおじいさんより」

 「我々はおじさんであって、おじいさんではない」という伊吹に対し、
 「子どもらにとっては、ひげが生えていればどんな美丈夫(イケメン)もおじいさんなのだ」
 「ほう、わたしもイケメンかね」
 「さて、手紙を書き終えてしまおう。やれやれ、あと五通あるからな」
 「鳥彦め、サンタなんてばからしいと言っておったのに、殊勝な手紙をよこしおって」
 「まだまだ子どもだということだ」

 などという会話がなされていたら楽しいです。
 サンタクロースの存在を信じきっていた遠子は、事実を知って激怒したことでしょう。

 色気より食い気な遠子が、不憫な小倶那を翻弄する年末年始になりそうです。

 きぬさん、ありがとうございました!
関連記事
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとうございます!
ご来訪ありがとうございます。
リクエスト、うけたまわりました! 
ビックリなさったとか、かわいい人だ!(すいません)
戻ってきてくださり、うれしいです。

白鳥の学パロで書きたいと思いますが、
もし別なのがいいということなら、お知らせいただけると嬉しいです。


管理者のみに表示