ささやかな宴の席はすぐに整えられた。池のほとりで、笑いながら、あきれながら酒を飲むのは悪くないことだった。
 宴もたけなわとなった頃、稚羽矢と狭也があらわれた。二人は礼をすると、裳裾さばきも見事に、笛の音にのせて舞って見せた。
「ふん」
 笑う姉王は、じつにやさしいまなざしで、それを眺めていた。
「見ろ、月代。我らの弟は、まったく変わったな」
 裳をはいていようと、稚羽矢は女人には見えなかった。背筋をのばし、顔を高く上げたさまは、きりりとしていて、雄々しくもあるのだった。狭也を見つめる目はいとおしげで
、親しみと信頼をいっさい預けきっているような風だった。
「見ていられません」
 照日王は声もなく唇を笑わせた。
「嫉妬か。下界に降りたくなったか」
「まさか」
 稚羽矢のことがうらやましく思えるときがあるとすれば、弟が地上の民となって、大勢の人々に囲まれ、悩みながら、笑いながら、日の暮れるのを惜しみ、朝日がのぼることを喜べるからなのだ。
 地上と天では、何もかもがちがう。馬を駆って野山をめぐったことが、じつに遠く思われて、月代王は息を吐いた。
 天の宮では、何かを思えばすぐにそれがかなえられる。地上にいたころ感じていた息苦しさは消えたが、何かに心を激しく揺さぶられることもないのだった。
「稚羽矢はたいそう難儀な道を選んだことだと、そう思ったのですよ」
 唐突に美しい花を選べなど、おかしいことだと思ったが、どうせのこと、はやく妃を選べとせっつかれでもしたのだろう。
 「美しい花」を選べば、角が立つ。かといって、選ばなければいつまでも問題は宙に浮くことだろう。
 照日王は髪を耳にかけながら、仕方ないといったようにつぶやいた。
「我らが出る幕はないのだよ。今宵、それがよくわかった。多少困ることもあろうが、稚羽矢はなんとかやっていくだろう」
 月代王はうなずいた。ふと思いついて笛を用意させると、高らかに吹き鳴らした。
 それは歌垣を彩る楽曲だった。顔を見合わせた稚羽矢と狭也に、照日王は話しかけたのだった。
「妻くらい、ほしいのを選べ」
 稚羽矢はびっくりしたように目をみはったが、すぐに笑顔になった。
「それから、もう二度とくだらぬことで呼び出すなよ。まあ、宴にはまた招かれてやってもよいが」
 天上の音楽が地上にみちると、人々は浮き足立ち、いつしか熱にうかされたように踊りだした。それを見るのも楽しいことだった。月代王は手に手をとった稚羽矢と狭也をみつめた。
(花があるとすれば)
 いきいきと美しい狭也は、ただ稚羽矢をみつめている。抱えあげられて笑い声をあげたが、周りの人々にはやし立てられて、狭也は首を縮めた。稚羽矢はかまわずに彼女の頬に口づけをした。
 吹きやめないまま、月代王は目を細めた。
(枯らしてくれるなよ)
 何かを願うような気持ちをおぼえたのは、久方ぶりのような気がした。
 
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR