flower border

拍手お礼29

Category拍手お礼
 拍手ありがとうございます!

  
11/23 兼倉さま

 ご来訪ありがとうございます!

>勇んでまいりました!薄紅創作を憧れのRieさまに書いていただけるという僥倖が今だに夢ではないかと思ってしまいますが、夢じゃないですね!やったああああああ!!

 喜んでいただけて、うれしいです!!

>・・・茂里ひどい!けどその通り!(笑)個人的に薄紅キャラで一番すきなのが茂里なので、彼の登場に異様にテンションが上がりました!茂里!こういう台詞いいそうなところがまた堪らない!

 茂里のキャラがなんともいえません。周囲の人より頭がいいということは、孤独でもあったのだろうなあと、想像すると…。藤太のことを敬愛をこめて!?「あほだ」と思っていたに違いない(力説)

>手に入らないから、ほしくなる。・・・ぐは!この一文にやられました・・・。まだいろいろ無自覚ながら、この時点ですでに鈴を欲している阿高に萌え滾ってしょうがない!いじらしいと思ってたりとか、もう最上級の愛情表現ではないかと思いました。最高です!

 戦いの直前までは、ちびクロと同じ次元で、なんだか尾をふってくれる(!?)のがいじらしいと思ったくらいが阿高っぽいと思えました。無自覚で恋におちてしまえ!!

>鈴に「うん」と言ってもらえない可能性を指摘された時の阿高の顔が見たい!

 呆然として、「え?」という顔だと楽しいですね(ひどい)

>藤太への言い訳が全部「鈴が武蔵に来ること前提」なのがさらに!「鈴はおれを好きじゃないかもしれない」とは全然思ってないですね!阿高らしい・・・!原作の自信満々の阿高は実は藤太の入れ知恵で、内心はハラハラしていたかもしれないという可能性に気付かせていただけました。

 ぐずぐずしている阿高にはっぱをかける藤太が思い浮かんで、あんなふうになりました。
 苑さん(苑さんて)の部屋で待つときも、灯りを吹き消しながら、「だが、あいつはやっぱり姫様ではあるしなあ」とかまだ少し悩んでいたら萌えます。

>阿高は恋の駆け引きをまったく分かっていませんが、これから藤太や他の人たちのアドバイスを参考に、少しずつはぐくんでくれるといいなぁと思います。

 駆け引き…。阿高にはなぜか稚羽矢と同じニオイを感じます。
 無関心なものはそこにないものとして軽やかにスルーして、大切なものは一途に心にかけそうです。
 駆け引きをさとそうとする人たちを時に唖然とさせるファインプレー(とはなんだ)で魅せてくれそうです。

>あと、前々から阿高の雷の力は阿高の孤独感を映したものだと思ってきたのですが、逆に大蛇の恨みも阿高の親の居ない孤独に同調するようなところがあったのかもと、お話を拝読させていただいて思いました。

 大蛇の邪悪は恨み・怒り・孤独の三本柱だと私は感じています。
 阿高に同調するものもあったのではないかという想像でお送りしました。

>空色創作メインの方が見る薄紅の視点がとても興味深かったです。今回は本当にステキなお祝いを頂き、心から感謝申し上げます!本当に本当にありがとうございました!!!!

 とんでもないです。こちらこそ、ありがとうございます!
 
 
関連記事

0 Comments

Post a comment