行くな。
 そう言って、本当は止めたかった。
 復讐して、どうなる?
 失われた故郷が戻るわけでも、大切な人が死出の旅から引き返すわけでもないのに。
(おれではわからないというのか)
 故郷を失ったことのない菅流には、遠子の切ないほどの気持ちなど、わからないのかもしれない。
 波打ち際で腹いせに重たく濡れた浜の砂をけっても、引く波にさらわれていくだけだ。
 遠子の乗った小舟は、もう見えない。こんなところにいても何もできないというのに、菅流はどうしてもここを離れる気にはなれないのだった。
 遠子を見送るのは、思った以上につらいことだった。女が戦いに行くのを黙ってみている男がどこにいるというのだ。
 しかし、これは遠子の戦いであって、いくらか手を貸したとはいえ、菅流が役目そのものを肩代わりをできるものではないということも、分かっていた。
 旅路の途中、遠子の様々な表情を見た。おどろくほど強いところがあるかと思えば、赤ん坊のように泣きじゃくる夜もあった。
 なき故郷を思い、復讐の相手となり果てた幼なじみを思って、遠子は涙を流すのだ。
 菅流に言わせれば、娘は憎むべきものを思って泣いたりしない。
 恋しい人を、殺せるものか。
「がきは、これだから困る」
 菅流は吐き捨てるようにつぶやいた。
 もし、もしもだ。
 遠子が女だったら、自分はこうして見送れただろうか。
(そうだ。追うのなどやめろと、おれはあとすこしで言うところだった)
 敵討ちなどやめてしまえと、手をつかんで離さなかった。御統をばらばらにして、ミドリを細い首にかけてやることもできたろう。
 そこまで考えて、菅流はうなった。
「いかれているぞ、おれは。くそ、こんなときにあいつらでもいればな」
 一人では笑い話にもできない。孤独というのはいやなものだと、菅流は頭を振った。
関連記事
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR