拍手お礼13

2011.11.04.Fri.04:22
 拍手ありがとうございます!

 公園の木々が、紅葉してきました。なんでもない木が葉を色づかせていると、はっとします。
 一年のサイクルが終わろうとしている。
 でも、またはじまるんだな。

 人間の細胞も、日々死んだり生まれたりしているはずなんですが。
 大体七年ごと(だったか)丸々新しくなるという話を聞いたことがあります。

 確実なのは、七年前も勾玉が好きだったということですね。
 なぜこんなに好きなのか、わからないけど好きです。

 
11/4 兼倉さま

>「はい。なぜ王はこれをくださるのかとおっしゃっていました」「突き返されないだけましだったな」<ここが!このやり取りが!王の痛い気持ちと滲むような笑顔を勝手に想像してうわああああ!ってなってました!でもこれでこそ科戸王ですね(ここまで報われない恋が似合う人もいない)(ヒドイ)

 滲むような笑顔は、確実に苦笑いですね!!
 書いていくほど、狭也は稚羽矢と連れ添うのが当然と思えてきて、愕然としました。


>そして番外なのに物凄い存在感の稚羽矢(王の憎しみの対象的な意味で)も出てきてさらに盛り上がってきました!次も激しく楽しみです!こんなに不幸の塊のような王が報われたらどうなってしまうんだ!

 どなたがが日記で書かれていたのですが、「もし報われたら、狭也が好きすぎていっぱいいっぱいになるだろう」というのを読みました。ほんとうに、報われたらどうなるのか…。

 兼倉さま、ありがとうございました!
関連記事
コメント

管理者のみに表示
« 恋の奴3 | HOME | 恋の奴2 »