漢方と絵本の日

2017.07.25.Tue.16:50
8月6日に大阪に行く理由。
それは試験を受けるためなのです。

2015年9月に子宮内膜症(珍しい症例と言われました…)で手術をし、
その後も自律神経失調症らしき不可解なじつーに、つらーい症状に悩まされました。
車の運転がこわくてできなくなりました。
対向車線からくる、車の流れにぶつかるかもしれないという恐怖が消せないのです。
高速や首都高も平気でとばす人だったのに。
ただ座って人の話を聞くこともむずかしくなりました。ものすごく我慢してましたが。
起きていても横になっていても突き上げてくる焦燥感が苦痛でした。
いてもたってもいられない状態です。
毎日、これをやり過ごすも、不安でこわくてたまりませんでした。
今思い出しても、つらいです…。
いままで普通にできたことも難しくなったこと。
(今はもう回復しましたが、その時はショックでした…)

これはどう考えても「食」をおろそかにしたせいだ! と痛感しました。

病院では、何を食べているかなんて、ちょこーっとしか聞かれません。
ただ数値や症状を見て、薬を出すのみ。
それが西洋医学だもの。
こりゃあ、マズい。
このまま行ったら、また病気になる。

不調をほんとうにどげんとせんといかん。
どうしたら健康になるん?
とは思いつつも日々はながれていきます。
そんなある日。
gacco(ガッコ)というオンラインサービスで、
という講座を受けたのがきっかけで、漢方の面白さにめざめました。
はじめは、小説のネタになるかも~つまらなかったらみるのやめればいいし。無料だし…。
なーんて軽い気持ちで視聴をはじめたのですが、見始めたら面白いのなんの!!

ガッコの回し者みたいですが、無料でいつでも興味のある質の高い講座を受けられるのは、本当にうれしいことです。(放送大学の心理学系も録画視聴してます。見るだけでも、気づきと発見の宝庫です。博物館学も面白い…)

もっとくわしく知りたい。ということで通信教育で漢方について学び初め、8月6日は認定試験の日なのです。

だいぶ元気も回復してきましたが、養生についてもっと学びたい。
絵本や妖怪ともからめて、何かしたい。

そのためにただいま勉強中です。


試験のあとは、絵本セラピーの時間が待っています。

セラピーの準備もおこたりなく、楽しんでいただけるよう、プログラムつくりを進めています。
探していると、ぴったりの本が引き寄せられてくる…ようです。

8月6日まであと少し。

とても楽しみです!




関連記事
コメント

管理者のみに表示