絵本漬けの四日間をこえて…!絵本セラピー講座覚え書き

2017.06.14.Wed.10:52

絵本セラピー®を学ぶ基礎講座の様子です。

一日目の理論編、二日目の「絵本力」についての講座のあと。
みんなに宿題が出されました。

①学んだことを使いプログラムを組み立てる
②指定された相手に関する情報を集め、その人に読んであげたい本を選び、じっさいに読み聞かせをする。

一ヶ月ほどの猶予があり、さっそく各自持ち寄ったプログラムの検討会が始まりました。
意見を聞くたびに、なるほど~と思うことばかりです。
これはもっと面白いプログラムになるぞ~。
みんなのプログラムも面白かった! 受けてみたい!!

28_large[1]

その後、くじで当たった相手に選んだ本を、読み聞かせします。

ずっとその人のことを考え、一番ぴったりくる絵本を探して図書館や今井書店をはしごし、
やっと見つけることができました。
読むまでは迷いが消えず…気に入ってもらえるだろうか?的外れじゃないかな。
なんて不安はありつつも、絵本のチカラを信じて読みました。

図書館でお話会をしたときは未就学児への読み聞かせが主だったし、
小学校の読み聞かせでは15分を二人で分け合うので、長い本は人前で読んだことがありませんでした。しかも、選んだのは「八郎」。
おらはみやぎの人でがす。
あきたの人方の言葉? しゃねなぁ~。(知らないよ)
でもいいんだ。読みたいから読むんだ。
腕はプルプル震えるし、足も緊張でガクガクです。
113_large11.jpg
でも、読み終わったあとは、すがすがしい気持ちになりました。
うけとってくださったひでさん、どうもありがとうございます!!

そんなこんながあり、
四日の講座を修了し、基礎絵本セラピストになりました。
絵本セラピー®のワークショップを開くことができます。
ご用命あれば、ぜひお声かけてください。

猫カフェで絵本セラピーするとしたら?
愛猫の話になるとうちの子自慢で「ねこ戦争」になるらしいですが、
ほかの猫好きさんと自然と仲良くなれそうです。
それから、婚活パーティーで絵本セラピーとかも面白そうです。
定型のおしゃべりをするより、ずっと仲良くなれると思います。(たぶん!)
いろんなプログラムを考えています。
妖怪博士の絵本セラピーもやりたいです。
あまくちのこわさ→うしろが気になるこわさ まで。

コラボのお誘い、お待ちしています。


絵本セラピー®の生みの親。
たっちゃんと。
ウツシエの自撮りポーズ(ゼルダの伝説)を。
131_large.jpg


大阪で出会った仲間たち。
遠方からも集まった、素敵な人たちです。
再受講された先輩セラピストのみなさんも、あったかくて、素敵で、面白くて。
またお会いできる時を楽しみにしています。

4_large.jpg

本当にありがとう!



関連記事
コメント

管理者のみに表示