flower border

妖怪検定に合格。

Category妖怪検定
先日合格者の発表があり、わたしの受験番号、ありました!!

今回、境港と調布会場、合わせて311人が検定に挑み
176人が合格したそうです。
ムズイと噂の中級ですが、113人のうち合格者は39人。
合格率は34.5%です。
特筆すべきは、最年少合格者が5歳(申込時?)のお子さんだということ。
お母さんもめでたく中級に合格され、来年は親子で上級をめざすそうです。
山陰中央日報の記事へ↓
http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/article.php?storyid=1428235016
妖怪は、絵に描いて覚えたというのですが、
たしかに特徴を絵に描いたら、覚えやすいかも。
400体をこえる妖怪たちとゆっくり楽しみながら親しんできた成果がでたのですね…。
上級会場で会えたらうれしいですね。

触発されて(?)ともかずきを描いてみたんですが、絵心が迷子です。
※拡大してはいけません。

tomokazuki.png

上級は、小論文形式になります。
どういう問題が出るのか?
※目玉おやじの声を想像してお読みください。


妖怪の立場で境港市のまちづくりを提言するのじゃ

妖怪が起こしたとされる天変地異について考察するのじゃ

妖怪に関する日本の祭礼について説明するのじゃ

水木先生の描く妖怪の中から一体を選んで民俗学的な考察をふまえて論ずるのじゃ

妖怪文化とはどういうものかのう

実際の事件が妖怪のせいにされた事例を取り上げ、その背景について論じてみなさい

妖怪とは何か。わかりやすく、外国の友達に説明するように書きなさい

水木しげるに連なる妖怪絵師の系譜について論ずるのじゃ

あなたの地元の妖怪や不思議な伝説についてわかりやすく説明しておくれ



毎年二つ問題が出て、一問選んでかくそうです。
1300字くらいで・・・小論文。
どういう対策をしたらいいのか?
まったくわかりません!!
先輩方の残してくださったヒントをたよりに、このブログでもあれこれ書いていきたいと思います。

2 Comments

おりーぶ  

おめでとうございます♪

合格おめでとうございます♪

早速、りえパクサ(博士)と呼ばせて頂きとうございます(*^_^*)

上級編は小論文なんですね。
(りえさんのブログで上級編のお題を見ていると、どうも二次のお話の
 ネタをもらっている錯覚がして変に燃えまする(笑))
どうせ書くなら審査員の方々を「おおっ!」と思わせるような内容を
書いてみたいものです。
(理由と根拠を明確にして、願わくば審査をされる方々の興味も
 引こうという欲張り思考なワタシ)
説得力のある文を書くには、(自分がそう考えた)確たる根拠が必要で、
その根拠はやっぱり妖怪の知識につながっているんですよね。

問題は時間と文字数との格闘ですな(-"-)
(それが一番大事♪)

ファイティン、パクサ!

ps
ともかづき、ありがとうございました。
嬉しかった~
(拡大しちゃダメって言われたら
 やっぱり拡大しちゃう~)

2016/11/27 (Sun) 01:01 | REPLY |   

りえ  

ありがとうございます

おりーぶさん、こんにちは。
ありがとうございます!
上級は難しいそうなんですが、妙にわくわくします。なにかひらめくものがあったら、書いてみます。
妖怪って靄のような存在ですよね。
むこうに何かがいる、感じはするのにつかめないという。よくテレビで見かける 河童の手 とかは、正体はいったい何なのでしょうね(河童にきまってるし!)
おりーぶさんの創作意欲の一助になったなら、この記事を書いたかいがあったというものでござりんす(口調も迷子です)

2016/11/28 (Mon) 16:11 | REPLY |   

Post a comment