拍手お礼8

2011.10.28.Fri.05:17
 拍手・コメントありがとうございます!
 昨日の夕焼けがすばらしくきれいで、見入ってしまいました。
 今日も晴れるといいのですが。


10/27 teaminaさま

旨し~へのコメント、ありがとうございます!

>う~ん、科戸王切ないです(泣)。こりゃあ、色々悶々としちゃいますね(笑) 悶々とした気持ちは、どーやって晴らすんですかね~?

おそらく、ひたすら木刀を振り続けるとか、
物悲しい感じの曲を吹き鳴らすとか、
鳥彦にやつあたりするとか、
…じゃないでしょうか。
これは、悶々としているところを読みたいというリクエストでしょうか。
勝手にそうとらせていただきます!

teaminaさま、ありがとうございました!


10/27 兼倉さま


>科戸・・・!なんという場面を目撃してしまったのか!というか、そういう場面を目撃しながら最小限の動揺ですぐに平静を取り戻してしまうあたりは、さすがは科戸ですね。

災難のような、眼福のような。痛いけど、うれしい…そんな感じでしょうか!?
内心、うろたえながら表には出さないような気がします。

>でも今夜の科戸は眠れないか夢に見るかどちらかだと思われます。がんばれ科戸!(何を)

すこしも眠れず、寝返りを何回も打ちそうです。(妄想)

>それにしても稚羽矢はまったく動じませんね。むしろ見せ付けるくらいの勢いで。そんな(潔すぎる)稚羽矢にときめきます。全裸というかそういうシーンを目撃されるよりも狭也に叱られる方が動揺するとかさすがの稚羽矢クオリティー!

稚羽矢のアキレス腱は狭也だと、確信しています!!

>好対照のような似ているような科戸王と稚羽矢の掛け合いは本当に面白いです。特に科戸は狭也と対するよりも稚羽矢と舌戦を繰り広げるほうがずっと感情が出ているような気がするので、もっともっと見たいと思ってしまいます。科戸に平穏な明日はしばらく訪れそうに無いですね(ニヤッ)(スミマセン)

科稚のかけあいを、いろんな場面で書いてみたいです。

科戸の平穏な日々は、ほんとに来るのか。来ないのか、来るのか。
山の神が終わったら、そこのところを書いてみたいと思います。
白鳥の子孫がらみでひとつ。

またのお越しをお待ちしております!




関連記事
コメント

管理者のみに表示