23:48

「まもなく新年か。早いものじゃな」
「ええ、本当に。おばあさま」
 お茶を湯呑に注ぎながら、一族の長たる人を豊青は上目づかいでみつめた。
「若いものは元気なことだ。疲れをしらない」
「ええ、本当に」
「橘にとっても、先方にとっても、またとない良縁がととのったのは喜ばしいことじゃな。さて、つぎは、象子がゆくか、遠子がゆくか。それとも、狭也か。・・・・・・豊、そなたもまだまだ引く手あまただろうに」
「いいえ、わたしはおばあさまのおそばにいたいのです」
「小倶那が気にかかるか?」
 老いているとはいえ、この人をあなどれる者はない。少しの変化にも注意をはらい、人の心の動きまでも見透かす瞳の前では、どんな嘘も役に立たない。
「いいえ、けっしてそんなことは」
 豊青は、さらに消え入りそうな声で言った。
「遠子さんのように、元気に何もおそれることなく振る舞えたらと思うことはありますけど。それでも、うらやましいと思うばかりです」
「遠子は、とくべつ元気な娘だ。物事の暗い面にばかりひきつけられる小倶那とは、対の性格。だからこそ、よいのだ。無理やりにでも、明るいほうへ引っ張っていくことだろう」
「ええ、本当に」
 少しの胸の痛みを押しかくして、豊青はうなずいた。


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 しろたえ日記, all rights reserved.

りえ

Author:りえ
基礎絵本セラピスト®
妖怪博士(中級)
漢方養生指導士(初級)

養生とは、生命を養うこと。
健康を保ち、その増進につとめること。

絵本セラピーで心をほぐし、ときに妖怪でほんわかし。
漢方の考え方で身体をやしなっていきます。

無理しない、頑張らない「養生」日記です。

古代日本好き。


シンイの二次小説をお探しの方は、下のリンクからどうぞ!
シンイ



『オロチの娘~妻問いの夜』
いるかネットブックス
※電子書店パピレスより発売中です。
1-203328-c200.jpg



乙女のぐっとくるお話を追求する官能部
http://p.booklog.jp/book/57289部誌その1
http://p.booklog.jp/book/80593部誌その2


kaminomaeをフォローしましょう

絵本関係 (4)
二次創作まとめ (27)
空色勾玉 二次 (99)
拍手お礼 (246)
日記 (35)
妖怪検定 (4)
一次創作まとめ (16)
白鳥異伝 二次 (31)
薄紅天女 二次 (30)
現代勾玉 (14)
勾玉の本 (20)
千と千尋の神隠し (26)
勾玉まつり (28)
未分類 (13)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR