迷惑なみやげ

2013.02.14.Thu.04:34
 春がきた。
 武彦は、村のはしに流れる小川のあたりで、話し声を聞き止めた。
 川向こうの里からみやげを持たされて帰ったところだ。
 芽吹きをまつ桜の古木のかげに、あるじの姿が見える。おそらくそのそばには、ただひとりの想い人がいるのだろう。
「ごめん、遠子。機嫌を直してよ」
 まただ。謝るほどのことでもなかろうに、軽々しく頭を下げすぎる。
 地位を手放したとて、武彦にとってはまほろばの皇子であることにかわりはない。
「もうしないよ。きみを無視したわけじゃない」
「約束よ。二度としないで」
 しかりつけるような声音だ。
「あなたがどんな危険なことをしたか、胸に手を当ててよく考えてごらんなさい」
(いやはや。遠子どのは命にとって希有なお人だと、わかってはいるが)
「なぜ一声もかけていかないの。みながどんなに心配したか」
 幼い頃から共に暮らし、かの方にとっては何人にも代え難い宝でもある遠子姫。寵愛をかさにきるというのとはちがう。彼女にとっては、かの方は肉親であり、恋人なのだ。
(遠子姫といるときだけ、ふつうの若者の顔をなさる)
 命の横顔は、困り切っている。しかし、どことなくうれしそうにもみえるのだった。どんな言い合いも、睦まじくみえる。それは何よりのことだ。
 盗み聞きもあるまい。背を向けて去ろうとしたとき、ふてくされた声がひびいた。
「大げさだと思うよ、遠子は」
 命は続けて言った。
「ぼくは子どもじゃないし・・・・・・山のことはきみよりよく知っている」
 姫の言い分ならば、たいていは笑って受け入れるお方が、反論をくりだした。興味がおこり、武彦は足を止めた。
「ぼくだって、死にたくはないんだ。ただ、試したかったんだよ」
 死ぬなどとは、穏やかではない。
「ずっと苦手だなんてしめしがつかないだろ。そういつまでも隠してはいられない。ぼくが突然悲鳴を上げて泣き出したり、気を失ったりしたら、皆がどう思う。病になったか気が触れたかと大騒ぎになるよ、間違いなく」
「小倶那」
 しばしの沈黙のあと、遠子姫がちいさな声でささやいた。
「だからって、一人で探しに行くなんて、むちゃよ。あなたに何かあったら、わたし」
 衣擦れの音がした。
「心配させて、ごめん」
 枯れ枝のかげが地に落ちている。二つの人かげが一つに重なり、しばらくの間じっと動かなかった。
「悲鳴を上げても、気を失っても、それがなんだというの? それを謗るような人たちが、ここまでついてくるかしら?」
(そのとおりだ。命がなにをおそれておられるのかは思いもつかぬが)
 そばを離れられるくらいなら、とうの昔にそうしている。
「欠点のない人なんていないわ。どんなきれいな鏡だって、曇りがあるものよ。あなたが完璧に振る舞いたいのもわかるけれど・・・・・・あなたはもうあなたでしかないのよ。だれかの身代わりでもない」
「ぼくは、自信がないんだ」
 うめくような声がした。
「武彦たちを信じていないのじゃない。とんでもないよ。彼らには心から感謝している。なんて言ったらいいだろう。ぼくが、ぼくを疑っているんだ。心のどこかで、まだ自分を疎んじている。傷のない玉のように高く見積もって接してくれる武彦たちに、すきのない人物であるように見せたいんだ。・・・・・・これは、よくないことかな」
「しかたのないひとね」
 遠子姫は、なだめるように言った。
「好きよ。あなたの全部が好き。いいこと、これだけは知っていて」
 悩みも苦しみも、すべてを溶かすだろう一言だ。
 命が遠子姫を一途に愛する理由が今こそわかったような気がして、武彦はそっときびすを返した。
「あら、戻られたのね」
 小石を踏んだ音で気づかれたか、遠子姫が木のかげから顔を出した。命が決まり悪そうにこちらを見ている。目を合わせないように、武彦は咳払いをした。ずいぶん気まずい。
「今さっき、戻りました。川向こうの長どのから、そのう・・・・・・珍しい品をいただきまして」
 聞かなかったことにするべきだ。あるじが隠そうとするものを、あばいていいという法はない。
「そうか、長どのはお元気だったか」
 こころなしか命は赤い目をなさっている。まさか、泣くほど苦しんでおられたのだろうか。武彦は息をのんだ。
「精のつくという秘蔵の酒をくださったのです。こちらでは、とくに珍しいものではないようですが・・・・・・くちなわを酒につけて」
 竹筒を差し出すと、命の顔色がさっとかわった。
「く、くち・・・・・・」
「ただの蛇ではなく、毒長虫をつけ込むとは、まことにめずらかですな」
 しいて明るい声で述べると、命は腕で顔を覆い、一足二足後ずさりをした。くぼみに足を取られ、ひっくり返ったあるじに、武彦は驚きあわてて駆け寄った。
 なんたることか、気を失っている。勇猛果敢な、かつてのまほろばの将が。見えない敵に、どうと体当たりでもされたかのようだ。
「いったい、何が起こったのです」
 動転して、遠子姫を凝視するも、姫もまなこをまん丸に見開いていた。
「・・・・・・この人をおぶってくださる? 話はそれからです」
 姫は深いため息をつき、肩をおとしたのだった。
 

12/29 白鳥(現代) もっともらしい×ボーイフレンド

2012.12.29.Sat.04:07


 おれは、あの子が好きだ。
 橘遠子をみているだけで元気が出る。ポニーテールをゆらして走っている姿を見たときに、好きになった。一目惚れだった。
 二年になって同じクラスだとわかったとき、チャンスだと思った。何度もちょくちょく話しかけているうち、あの子は笑顔をみせてくれるようになった。
 橘の表札を確かめて、真太智はインターホンをおした。
 彼女が忘れた課題のノートを届けにきた。隣の席のよしみ。家もそれほど遠くない。訪ねる理由は十分にあるはずだ。
 電子音が、ドアの向こうで響いた。なのに、誰もでない。
 留守だろうか。思わずがっかりする。一目でも顔が見たい。そう思い詰めてしまう。こんな気持ちは初めてだった。
 きびすを返しかけたとき、ドアがかすかにあいた。顔をのぞかせたのは、男だ。
「どちらさま、ですか」
 同い年くらいだ。強く押したら倒れそうな優等生が、怪訝そうにこちらをみつめている。彼女にきょうだいはいないはずなのに。
「遠子さんは?」
「なにかご用ですか」
「忘れ物を届けに」
 いくらかつっけんどんな言い方になったのは、明らかに迷惑そうに顔をしかめられたからだ。
「ぼくが預かります。遠子は、いまでられないので」
 呼び捨て。かっと頭に血が上った。手にしたノートを渡せば、ここにいる理由はなくなる。でも、渡したくない。このまま引き下がったら、負けだ。
 にらみ合いは、ほんの数秒だった。やつは、笑ってみせた。
「遠子は風呂にはいると長いから。中で待ちますか?」
 そのときかすかに、声が聞こえた。
「小倶那、シャンプー! 棚からとってってば」
 招き入れるように開かれたドアとは反対に、がっちり閉め出されたような気がした。入れるはずがない。
 ノートを手渡すと、真太智は会釈もそこそこに、立ち去った。

12/26 白鳥 若々しい×ふしょうぶしょう

2012.12.26.Wed.04:07


「そなたの夫は・・・・・・」
 真刀野は、座したままその声を聞いていた。
 胸の高鳴りをおさえることはできなかった。十六になった春、橘の女はつとめを知らされる。一族を守るため、そして栄えさせるため、あるものは神殿にゆき、あるものは婿をむかえ婚いをする。
 真刀野に巫女としての才はない。それは幼い頃から自分でもよくわかっていた。それに、深山にある寒々しい神殿で、ひたすら勤行をするのは若い娘にとっては考えるだけで気が滅入ることだった。
 もしかして、あの人と一緒になれるかもしれない。
 そんなときめきも、あった。
 ところが、夫となるものとして知らされたのは、胸をときめかせていた相手ではなかった。どちらかというと、夫婦になることなど考えられないような人だ。



「それで、どうしたの?」
 遠子が身を乗り出して続きをねだった。縫い物を教えながら話し出したつれづれに、娘はすっかり夢中になって、手など止まってしまっている。
「イヤだから、逃げたのよね?」
「いいえ」
 逃げたなら、ここにこうしているはずがない。
 真刀野は、針をさす手を動かしたまま、遠子に仕事をするよう目で促した。しぶしぶ布を取り上げた遠子は、上目遣いをしながら言った。
「じゃあ、がまんしたの?」
「そういうことではないのよ」
 なんと言ったものだろう。
「知れば知るほど、好きになるということがあるの。うわべだけではわからないことがね」
「ふうん」
 わかったような、納得していない顔で、遠子は首を傾げた。
「じゃあ、今は、とても好き?」
 親指にちくりと針が刺さった。真刀野は顔をしかめた。
 名を聞いて、がっかりした。夫婦になってからも、それほど好きとも思わなかった。
(でも)
 指にふくれた血の玉をすいながら、思い出す。
 遠子をはらんだときのことだ。
 お産はいくらか長びいた。初産のうえ、陣痛は弱くきれぎれだった。真刀野は疲れ切っていた。本当に生まれるのか、産婆すらも焦りをにじませた。
 くじけかけて、負けるものかと、そう思った。
 腕の中でこの子を抱くまで、けっしてあきらめまいと。橘の女の役目など、どうでもいい。ただ、この子をけっして死なすまいと。

 遠子がようやく生まれた日、あの人は泣いていたという。

 仕方なく、受け入れたはずだ。それでも、気持ちはいつかほどける。
「ええ、好きですよ」
 真刀野は、やけに気恥ずかしい思いで、苦笑いをした。

12/23 白鳥 空腹×目つき

2012.12.23.Sun.04:07


 帰り道をみうしなった子どものようだ。
 腹を減らしてむずかる赤子でも、こんな情けない顔はしないだろう。
 菅流は小倶那をみかけてため息をはいた。たき火のそばに一人きり、腰を下ろした小倶那は、いまにも闇に溶けいりそうだった。
 心がかつえているのだ。からからに乾いて、乾いていることにすらも気づかない。
「それほど恋しいか」
 菅流はきいた。たき火の火明かりに照らされた小倶那の顔は、将としての昼間の様子とあまりに違う。いくらか戸惑うほどだった。
 部下には、けっして気取らせないのだ。弱さも、迷いも。
 ぽきんと枯れ枝をへしおり、小倶那はたき火にくべた。かるく息を吐き、目を閉じる。
「何か、言ったか?」
 身に負った傷はいつか癒える。でも、心のいたみは時がいやすとは限らない。ずっとずっと、望みを思い描き渇望しながら、地の底をのたうちまわり続けるつもりか。
「遠子をどうする気だ」
 遠子を見いだし、行軍に同行させるようになってから数日がたとうとしていた。寝床をともにしている様子もないし、へんに二人はよそよそしい。
「遠子」
 かすかに瞳が揺れる。
「どうしたらいいと思う」
「好きにしろよ。いやならあいつはそう言うだろう」
 小倶那は目を丸くし、それから小さく笑った。
「・・・・・・そうできたらいい」
 女がどう思うか、そんなことはそばに寄って目を見ればわかる。
 どんな危険があったとて、「来て」と言われれば訪ねていくまでだ。それが好きな女なら、なおさらだ。たとえ命が削れても、這ってでも。
「思いを遂げるのが本望なんだろう」
 菅流をちらと見て、小倶那は苦しげな声でつぶやいた。
「遠子は、ぼくの本望などより、大事な人だ」
(我慢強いにもほどがある)
 菅流はため息をはきだした。

 くらい夜空に、満月がのぼろうとしていた。

12/20 白鳥 おどり舞う×青々

2012.12.20.Thu.04:07

 冷たく身を凍らせる風が遠ざかったと感じるようになると、七掬は故郷の山々を思い出す。まだ根雪はとけ残っているだろうか。

 顔を見せなくなった主が、なにかよからぬ計画を立てているらしいという話を聞く。人づてに耳にするのが、妙に不安をあおるのだった。
 冷静なようでいて、身を捨てることができるものをいつも探し求めている。
(それが大碓命というお方だ)
 七掬はつねづねそう思っているのだった。
(命を捨てる場所を、あの方はいつも探しておられるのではないか)
 日嗣の皇子だというのに、時々帰る場所のない渡り鳥のように空を飛びさすらっているようにも見える。
「ねぐらを見つけなさったのか」
 想いをかける相手と巡り会ったのだろうか。
 それならばいいが、相手にもよる。
 恋は危険だ。身を滅ぼすものにもなりうる、毒だ。
 空にはいっぺんのくもりもない。なのに、それがかえって不吉に思われて、七掬は眉をひそめた。
「七掬」
 考え事をしながら歩いていたせいか、声をかけられているのにも気づかなかった。
「聞こえぬのか?」
 本殿から西の房につづく渡り廊下のところに、皇子が立っていた。
 柱に身をもたせかけ、庭を眺めていたが、からかうようにこちらに顔を向けた。
「そのように物憂く、なにを考えていた。故郷のことか、それとも気にかかる人でもおるのか」
 あと少しでひざまづくところだった。
「小碓、か?」
 こくりとうなずく仕草に、七掬は深く息を吐いた。
「・・・・・・驚いたぞ」
 すこし離れたところからみると、立ち姿も、声音も皇子にそっくりだった。見分けられるのは、長く側仕えをしてきた者ぐらいだろう。
 小碓はかすかに笑った。ほめられて、しかしどう喜んだらいいかわからないといった風に、顔をしかめた。
「今日は山に行くのだよね」
「それはそうだが。まだ夜も明けたばかりだぞ」
 小碓は軒下をさした。いつのまに巣作りをしたものか、ツバメがせわしなく飛び回っている。
「ひなが飛ぶ練習をはじめたんだ」
 どこかあこがれがにじんだ声で、小碓は言った。
「もうじき、巣立っていくような気がして」 
 七掬は弟子をじっとみつめた。小碓はめざましい成長を見せた。かたいからを破り、種から芽が出るように。知識や技術を、与えれば与えるほど、おおきく強く賢くなっていくようだった。
 しかし、七掬にはどうあっても与えてやれないものがある。
 小碓はうらやましげに、ただ鳥の子をながめている。
 きっと、まなざしの追うところに本心があるのだろう。翼を得て、帰りたいところがある。そんな気持ちはおくびにも出さないが。
 ふと、七掬は小碓の背を強くたたいた。びっくりして目を丸くした少年に、笑いかける。
「早起きしたなら、ぐずぐずしていることもない。さあ、いくぞ」
 | HOME | Next »