ゲームという経験

2017.04.10.Mon.15:35
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド を軽い気持ちで始めたら
とんでもなくハマってしまいました。
オープンワールドはシームレス。
どこまでも行けるんです。
広い。
山も登るし、川は泳ぐし。
果ての果てまで行くと、「これ以上は進めない」ってなるんですけど、本当にいけないのか確かめました。
広い世界で自由になんでもできるので楽しい。というのがまずあるのですが、
ゲームをしている、というよりは世界を旅しているという感じなのでした。
メインストーリーの攻略をうっかり忘れてしまうほど、
いろんなところにいるいろんな人からの、様々な頼まれごとを解決したりしているうち
時間があっという間になくなる。
しかし。
ゲームする=時間を無駄にしている と思うむきもあるようで。

ハイラルという世界を旅することができて、わたしは本当に楽しかったし、この楽しさはずっと残るだろうし
夢は立体的になったし(はしごを意味も無く登り降りするとかな…)。
大切な物語がまたひとつ増えました。

リンクに自分を投影して、解き放たれていく、という感じがあって。
それはとても幸福な感覚でした。

いとこに教えてもらった「大神」というゲームも本当に面白く心に残っていて、
よく「アマテラス(犬)…元気かな」って思い出します。

フィクションだけど、かれらはわたしの中に「いる」のです。
それが頼もしかったり、励ましだったりする。

リアルのすべきことも勿論大事だけれど
ゲームという体験もやっぱりいいものだ、と思いました。







新しい学び。

2017.03.30.Thu.11:06
旅をするといろんな風景が見えて、きれいな花と出会ったりします。
その花が気に入って、いつのまにか頭から離れなくなって、絵にかいてみたり文にしてみたりする。
そのうち、前に好きだった花はかわらず壁に飾ってあるんだけど、そのとなりにいけてみたいなぁと思うようになる。

そんなことが、起こっています!

「シンイ」というドラマにハマり、小説を三年ほど書いてきましたが、「小説のネタになるかも~」とごくごく軽い気持ちで勉強をはじめた漢方の世界にハマり、舌診とか顔望診の面白さにめざめました。
薬がどうやって体に影響するのか? なども気になって本を読み始めました。
何のために? とか役立つの? とかやらない理由はたくさん考えつくのですが、
興味があるからやってみる、ということが思いがけずよい結果を生むかもしれない。
ということで。
妖怪検定も、引き続きネタをためていきます。
昔の人が「妖怪」と呼んだものの中には、体がダルくなる…とか寒気がおそってくる…とかそれ病気ちゃうのん? というものが結構あって、面白いのです。
五行思想がもとになっている漢方の考え方は、人の生活に密接に結びついていて、妖怪にも影響を与えているみたい。
なにかを学ぶと、おもしろいところで繋がったりして楽しいです。









母と韓国ドラマ

2016.11.18.Fri.18:46
こんにちは。

このブログを母さんが読んでる…。
衝撃!!
だってブログタイトルとか数年前に伝えたきりで、
実家のパソコンにさりげなくお気に入り登録したのに(よしなさい)
それきり話題にものぼらないし。(まあ、ブログ自体更新もないし・・・)
興味ないんだろうなぁ。と思っていたので。
それなのに、先日。
電話で「妖怪検定うけるんだって?」って言われて本当に驚きました。
う、うけるよっ
なぜか上ずる声。
「がんばれ」
励ましてもらえました。
結果は23日にわかるよ。
中級合格していたらいいな。

わが子が学校から「水木しげるさんの本だよ」(律儀にさんづけ…地元の子どもたちも、やはりしげるさん、と呼ぶ)をわたしのために借りてきてくれたのが今週のハイライトです。はい、ありがたいことに、すくすく成長しております!

宮城と鳥取であまり会えませんが、母とは電話でよく韓国ドラマのことについて話します。
おすすめのドラマを聞いたり。
あらすじとかを教えてくれるので、あとでチェックしたりします。
すぐには見られないけど、機会があればなあ、というのが何本かあります。

あ、あと「またいつものパチパチやってるの?」と聞かれるとドキッとします。
パチパチはキーボードを打つパチパチですね。
こればっかりはやめられそうにありません。
パチってると、時がたつのも忘れてしまいますから…。

本当は会って話せればよいのですが。

お母さま。
近いうちになにか、おいしいもの送ります。









そうだ。妖怪博士になろう。

2016.08.26.Fri.14:00
おしらせを見てから、胸を打ちぬかれ。

すぐに初級・中級を申し込んでしまった!

youkaikenntei.png




妖怪検定に挑みます。

娘も誘ったんですが、即・断られました。

なんでそんなのやんなきゃならないのっ。

って・・・。「そんなの」じゃないよ。

妖怪だよ?

一人でも受けるからいいさ。

妖怪の検定なんてめちゃくちゃ楽しそうではないですか。
見ると、ツイッターで存じ上げていた、ぬらりひょん打田氏もいちはやく合格してらしたり。
神社ラブラブ
海の幸ラブラブ
しろうさぎラブラブ

妖怪は・・・ノーマークだった・・・!

次の日にさっそく(しぶる娘を連れ)夢みなとタワーでテキストを入手。
タワーも見学。
すばらしい眺めでした。
夏休み最終日をキレイに飾れたかと。
Kさん、情報をありがとうございました。
娘もとても喜んでいました。

さて、10月23日までにカンッペキに備えておきたいところです。
妖怪博士・・・(デレデレ)

単なる道楽と甘く見ることはできません。
たかが検定。
されど、検定。

初級は八割の人が合格するけれど、
中級からガタッと合格率が下がり、
上級に至っては、まず中級をクリアしなければならず、
毎年合格者もごく少数の激ムズなのだとか。


ただいま、読み込み中です。
公式テキスト『日本妖怪大全』は手放せません。
これを読んでいると、どこに。いつ。どんな妖怪がどんな風に出てきたか。
それが細かくわかります。
話のいきさつも面白く、淡々とかたられるからこそ、その行間を埋めたくなる。
まさに、ネタの宝庫です。



今一番気になる彼は、豆腐小僧です。

・・・雨の降る日に、手に持ったお盆に豆腐をのせてあらわれる。
 その豆腐を食すと、からだにカビがはえてしまう。

327px-MasayoshiTofu-Kozo.jpg

チミは、なにをしたいのかね?

雑誌コバルトの終了。古事記再読

2016.04.08.Fri.08:51
おはようございます

桜満開の知らせが各地から届いているこの頃。

日本を上空から見たらピンク色かなぁとふと思いました。



雑誌コバルトが五月号をもって、雑誌としての刊行を終えると知りました。
おつかれさまでした・・・。
コバルトほんとうにありがとう。
編集のみなさん、作家さん、楽しませてくれてありがとうございます。

「このときが来たか」という残念な気持ちです。
でもまだウェブ版がある。

短編賞とかウェブで投稿できたら便利だと思うのですが、そうなると選考が大変なのかな?



銀金イラスト集をおもむろに開き!
銀金の飛鳥編があるとしたら~と昨日考えてました。
聖徳太子があの人で~、馬子はあの人。
そんな妄想が楽しいです。
真澄がウマヤド
佐保彦が従者で従者かい)・・・とか。



古事記創作、何を書こうかな~と古事記をぺらぺらめくっていました。

軽王(二人の禁じられた恋って言うけど、陰謀としか思えません)
秋山と春山の兄弟(子をのろう母が容赦ない)
コメントで教えていただいたオケとヲケ(この名前って発音は同じなのか?)

あたり(あたりって)を書いてみたいなあと考えています。
めざせ古事記でTL!?
古事記アンソロとか読みたいです。

ピクシブであげられたら・・・一行も書けてないですが・・・。


よい一日をお過ごしください




 | HOME | Next »