8月6日絵本セラピー(大阪)覚え書き

2017.08.07.Mon.09:10
8月6日、アトリエナユタさんにて絵本セラピーを実施しました。
天神橋新聞に紹介された、お店についての記事

IMG_20170806_151006[1]

IMG_20170806_134603[2]

こちらはカップケーキのお店です。
かわいいカップケーキがたくさん。
わたしはニワトリを。
食べるのがもったいないくらい、かわいらしかったです。

IMG_20170806_134536[1]

今日はドラマ・シンイが好きな方のための絵本セラピー、ということで絵本を選びました。
テーマは「シンイをもっと楽しむ」です。
参加してくださったのはお二人。
暑い中、お集まりくださりありがたかったです。

わたしも一緒に、三人でワークをしました。

1冊目は、へんしんオバケです。
声を合わせてもらえてうれしかったです。


2冊目は、かみさまからのおくりもの です。


呼び名 お住まい シンイからもらったおくりものは?
ということでおたずねしました。
夢中になれるもの
物語を通して、たくさんの出会いがあったことなど
フィクションが、現実の世界を変えていくのですね。

3冊目は、こびん です。


自由に感想を話しあいました。
こびんは海を漂い、いろいろな人のもとに流れ着きます。
手紙と一緒にこめられた想いや
いろんな温かい気持ちを受け取ること。
思いもしないところで、だれかの役にたったりするのですね。


4冊目は、そりゃあもういいひだったよ です。


一通の手紙をきっかけに、ぬいぐるみのくまにたくさんの出会いが訪れます。
シンイでも、ヨンはウンスとの出会いをきっかけに新しい世界をみつけました。
一番印象にのこっているシーンについて質問しました。

五冊目は、このよでいちばんはやいのは です。


想像力によって物語がうまれ、物語は一人一人の胸の中で生き続けます。
これからもシンイを通して楽しい気持ちを共有できたらいいなと思います。



ここで、感想を紹介します。

絵本セラピーは初めてでしたが、とても楽しめました。
本を読まれる声がとてもここち良くていつまでも聞いていたいくらいでした。
とても良い時間が過ごせました。
ありがとうございました。
シンイの話もできてとてもうれしかったです!!

初体験の絵本セラピーでしたが、とても楽しかったです。
読んでいただいた絵本は全て今回初対面(?)の本ばかりだったこともあり
とても新鮮な気持ちで、続きをワクワクしながらページがめくられるのを待ってました
絵本と信義が結びつくのも不思議で面白かったです
また次回を楽しみにしています!

色々お話できて、楽しかったです!
ありがとうございました。


カップケーキもおいしかった~。

漢方と絵本の日

2017.07.25.Tue.16:50
8月6日に大阪に行く理由。
それは試験を受けるためなのです。

2015年9月に子宮内膜症(珍しい症例と言われました…)で手術をし、
その後も自律神経失調症らしき不可解なじつーに、つらーい症状に悩まされました。
車の運転がこわくてできなくなりました。
対向車線からくる、車の流れにぶつかるかもしれないという恐怖が消せないのです。
高速や首都高も平気でとばす人だったのに。
ただ座って人の話を聞くこともむずかしくなりました。ものすごく我慢してましたが。
起きていても横になっていても突き上げてくる焦燥感が苦痛でした。
いてもたってもいられない状態です。
毎日、これをやり過ごすも、不安でこわくてたまりませんでした。
今思い出しても、つらいです…。
いままで普通にできたことも難しくなったこと。
(今はもう回復しましたが、その時はショックでした…)

これはどう考えても「食」をおろそかにしたせいだ! と痛感しました。

病院では、何を食べているかなんて、ちょこーっとしか聞かれません。
ただ数値や症状を見て、薬を出すのみ。
それが西洋医学だもの。
こりゃあ、マズい。
このまま行ったら、また病気になる。

不調をほんとうにどげんとせんといかん。
どうしたら健康になるん?
とは思いつつも日々はながれていきます。
そんなある日。
gacco(ガッコ)というオンラインサービスで、
という講座を受けたのがきっかけで、漢方の面白さにめざめました。
はじめは、小説のネタになるかも~つまらなかったらみるのやめればいいし。無料だし…。
なーんて軽い気持ちで視聴をはじめたのですが、見始めたら面白いのなんの!!

ガッコの回し者みたいですが、無料でいつでも興味のある質の高い講座を受けられるのは、本当にうれしいことです。(放送大学の心理学系も録画視聴してます。見るだけでも、気づきと発見の宝庫です。博物館学も面白い…)

もっとくわしく知りたい。ということで通信教育で漢方について学び初め、8月6日は認定試験の日なのです。

だいぶ元気も回復してきましたが、養生についてもっと学びたい。
絵本や妖怪ともからめて、何かしたい。

そのためにただいま勉強中です。


試験のあとは、絵本セラピーの時間が待っています。

セラピーの準備もおこたりなく、楽しんでいただけるよう、プログラムつくりを進めています。
探していると、ぴったりの本が引き寄せられてくる…ようです。

8月6日まであと少し。

とても楽しみです!




7月20日 絵本セラピー覚え書き

2017.07.20.Thu.19:48
1500544397794.jpg

ふれあいサロン風 さんにお邪魔しました。

1500544434999.jpg

絵本セラピーとは一体どんなものなのか。
30分の短いプログラムをさせていただけることになったのです。

集まってくださったのは4人の方。
ありがとうございます!

テーマは、子育てママへの贈り物、としました。

1冊目はへんしんオバケです。


アイスブレイクと自己紹介をかね、
この本を読んだあとに 呼び名 おすまい もしもなんにでも変身できたら、何になりたいかを
書いてもらいました。
長年絵本の活動をされている皆さん。
わお! すてきなノリのよさです!!
何になりたいか、という質問の答えは
魔法使い 犬 風 鳥… 理由もさまざまでした。

さて、2冊目はこちら。

ほげちゃん大好き、という声があがった一方。
きらい~という声もあったりしてにやっとしてしまいました。

がまんしていることはありますか?
と質問したところ。
政治にがまんならない! というお話がでたり。
ほげちゃんのマネをして、みんなで「ゆ~る~せ~な~い~!」と声を合わせました。
迫力がありました…!!

そして3冊目です。

贈り物というと、箱に入ってきれいなリボンがかかっている。
そんなイメージです。
でも、本当に必要なものは、わたしたちはすでに持っているのかもしれません。
悲しいことや腹が立つこと、うれしいこと。
日々流れていく出来事には、形もないしリボンもかかっていませんが
なんでもない日常こそ、かけがえのない宝物なのかもしれません。





感想を書いてくださったので、紹介します。


絵本を読んでもらって楽しい時間でした。
絵本を読んで感想を話すのは初めてで何を書こうと思っていましたが、
共通の話題が話せるメンバーでとても面白かったです。
いろんな感情が出てきて楽しいですね。

今日は目からウロコです。
読んでもらうだけでも嬉しいのに。
また楽しみにしています。

絵本を介するといろんな事が話せるかもしれませんね
大人でも絵本は読んでもらうのがベストですよね。

大人の人に本を読んでもらう気持ちよさはいいものですねえ
やさしい気持ちになりました。



みなさん、本当にありがとうございました。





やったね!

2017.07.19.Wed.18:49
絵本セラピーってどんなの?
やってみて。
明日!
ということで、急遽、明日30分のプログラムをさせていただけることになりました。

 しまだようこさんの絵本原画を見に ふれあいサロン風 さんへお邪魔したのがきっかけです。
とても落ち着くすてきな場所です。
むかしがたりの会や読み聞かせなどをされています。
赤ちゃんから年配の方までつどう、ゆったりとしたサロンです。
こちらでもしもセラピーをするなら、こんな感じかな、とチラシをつくって参上。

mama.jpg


じつは中身は考えていなかった...!
のですが、あすに向けて急いで考えました。

30分となると3冊くらいで時間が一杯になるかなぁ。
アイスブレイクと自己紹介を一冊でやってみるか。
自由感想は割愛して、二冊目で話題をだして
三冊目でメッセージ…とか。

セラピーの基本から外れてしまいますが…。

まず、ほげちゃんはぜひ読みたい。
そして、ゆーるーせーなーいー! をやってみたい。
このこ、くまなんです…。


テーマは「子育てママへの贈り物」です。

絵本の時間を楽しんでもらえるといいなあ。


7月7日の幽怪な絵本時間・覚え書き

2017.07.07.Fri.15:04
大雨で被害に遭われた地域の皆さま
心よりお見舞い申し上げます。

鳥取は境港の天気は、曇りでした。予報では26℃。しかしもっと暑い気がしました。
さかいみなと銀座市場にて、「妖怪博士の幽怪(ゆかい)な絵本時間」を開催しました。
七夕当日ということで、テーマを「竹」としました。

…妖怪博士とは?
境港商工会議所、観光協会が主催する「境港妖怪検定」に合格すると名乗れます。

【境港妖怪検定とは】
妖怪の権威・水木しげる先生の妖怪考察を通じて学んだ、日本各地に伝わる妖怪や伝承についての知識を、「資格」として公式に認定する検定試験です。

その昔、日本各地に伝わった様々な妖怪たち。
ちょっぴり怖くてどこかほのぼのと優しい表情で、私たちにいろいろなことを教えてくれます。

「境港妖怪検定」は、妖怪の権威・水木しげる先生の妖怪考察を通じて高めた妖怪に対する知識を、「妖怪博士」として公式に認定するご当地検定。

妖怪を知ることは、日本の風土や文化を再認識するということ。
あなたも公認「妖怪博士」として、妖怪の持つ楽しさや妖怪が教えてくれる日本の良さを、伝え広めてください。


色つき文字は境港妖怪検定サイトより転記しました。

昨年妖怪博士となり、せっかくだから「妖怪と絵本」で楽しいことをしたいな、と思っていました。
さかいみなと銀座市場さんの場所をお借りし、第一回目を実施することができました。

参加してくださったのは、5名!
ちょっと離れたところでたまたま聞いてくださった方も含めて

おつきあいいただき、本当にありがとうございました。


1冊目、「へんしんオバケ」でいっしょに声を出してもらいました。

2冊目は、「きつねとたぬきのばけくらべ」を読みました。
水木しげるロードには、たぬきのブロンズ像が三体あるのです。
駅前に一体、カランコロン通りに竹切り狸、そのちかくに犬神刑部狸がいます。
竹切り狸とは、竹林で竹を切る音をさせるが、行ってみると何事もない。
昔の人はその不思議な現象を狸のしわざとしたようです。

ちなみに山陰ではおさん狐という、美女に化ける狐が有名です。



化けるとは、異形のものに姿を変えることを言います。
ここで、一日化けられたら、どんなオバケになりたいか? ということで
「いちにちおばけ」を読みました。

4冊目は、「たけ もうそうだけのおやこ」甲斐信枝作 をよみました。
七夕に竹を飾るのはなぜでしょうか?
竹は暑さ寒さに強く、繁殖力も高い。
中が空洞であり、そこに神が降りてくると考えられたともいいます。(かぐやひめが想起されます)
昔の人々は竹の生命力に神秘性を見いだし、諸説あるものの、縁起物として飾られるようになったようです。
すくすくと天に向かって伸びる竹は、願いを届けるにふさわしいメッセンジャーといってもよいかもしれません。



そして、最後は「東西妖怪図絵」に描かれた妖怪万年竹を紹介しました。
竹の一万年生きたものが妖怪になったとされ、竹藪に入り込んだ人を迷わせて
野宿したところを生気を吸い取ってしまうという、おそろしい妖怪です。
白黒ながら迫力のある妖怪万年竹のページを開きつつ、読んだのは、
この日のために創作した小話です。
万年竹の怖さが伝わったかどうか…!?



むかしな 九州にいたあるひとがな
となりの村さ 用事があってでかけたんだと
山ひとつふたつこえてな
よくきたよくきたって たいそうもてなされてよ
酒もたらふく馳走になって 帰るのすっかり遅くなってしまったんだと
足もふらふらってまっすぐ歩けねし
頼りの月も雲に隠れてしまったんだって
仕方がねえから この竹藪のなかで夜をあかすべと思ったと
疲れていたもんだから すぐに寝てしまったけど
夜中に なんだか 息苦しくて目が覚めたんだと
おかしいど 体が動かね
何かにぎゅっと押しかかられてるようだったと
なにがなんだか わからねがったと
そのときサ 雲の切れ間から 月の光がぱーっとさしてきてな
竹笹の細こい枝が 手みでに伸びてきてよ
みしみし ぎしぎしって その人の体こしめつけでたんだって
いや おどろいたのなんの

周りには 苔むしたされこうべやら 骨やらちらばってな
荒らされた墓場のようだったど
その人ぞーっとしてな ぱっと酔いも覚めて
めちゃくちゃにもがいたれば 竹の手っこパキンと折れてな
ぎゅうぎゅう締め付ける力 いくらか弱まったんだと
そのすきに夢中で這い出て 命からがら 逃げ出したんだと

これはな 人の生気を吸って 千年万年生きる竹
妖怪万年竹って言うんだよ
今の人方は信じねべ ねぼけたんだべって言うべさ
でもな 九州の山のどこかに 今でも その竹林はあるらしい



竹の根っこは縦横無尽に土中に広がっています。
長いものだと100メートルもあるとか。
九州の山々の土をぎゅっと抱きかかえて、大雨に流されないように守ってくれますように。
万年竹にお願いしたいです!!



無題
当日配ったもの。

次回は8月21日月曜日
10時15分から45分までを予定しています。






 | HOME | Next »